米国株

今はどちらも必要

こんにちは。あおのりです😊


今日からレイバーデーを含めた3連休がはじまりましたねー。

わが家は土日はのんびり、月曜日からキャンプの予定です。


さてさて、先日、8月の米国株トレードの利益が2,100ドルになったと書きました。

準備金は5万ドルなので、約4%増えたことになります。


中長期投資では年利5%前後を目安に、7%増えたら御の字という感じですが。

私が挑戦している米国株デイトレやスイングトレードでは、年利200%以上という信じられない数字を目指します。


そのため、投資サービスを利用せず自分で中長期投資をする人は、メインの仕事があり、副業あるいは資産形成として考えている方が多いようです。

それに対してデイトレードやスイングトレードは、トレードそのものがメインの仕事となるので、私の経験からも副業としては難しい気がしています。


でも、中長期投資も、デイトレードやスイングトレードなどの投機も、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両方が必要です。

私は以前、デイトレードにはファンダメンタルズ分析は必要ないと考えていました。

デイトレードやスイングトレードに関する本にそう書かれていたからです。

でも、それは相場が右肩上がりの時のみ。

今は、どちらもしっかり分析していかないと、利益を出すことはできません。


そんなわけで、テクニカルとファンダメンタルズをしっかり分析しつつ、9月も利益出せるよう、頑張りたいと思います。