ゴムの木を剪定したあと、無事育っております

今の家に引っ越してすぐに買ったカシワバゴムがあります。

英語では、Ficus PandurataとかFicus Lyrataという名前の、ゴムの木の一種です。

買ったときにゴムの木だということを知らずに育てていたら、太陽の光が足りなかったようでひょろひょろに育ち、自立できない状態になってしまったのです。

そこで、思い切って頭を切り落としました(*ノェノ)キャー

切り落とした頭の部分は、そのまま鉢に差し込みましたが、それにしても、かわいそうな姿になってしまった・・・。

切り落としてから1週間後、新しい芽が出ているのを発見!

そして3週間後の今はこんなことに!

2本あった木のそれぞれに、新しい芽が2個つき、葉がにょきにょきと出てきて、幹が見えなくなるほどになりました\(^o^)/

ちなみに、ゴムの木は太陽の光が大好きだけど、あまり強い光だと葉が焼けてしまうとのことだったので、東側の一番日の当たる場所に置きました。

このゴムの木、わが家で一番長生きな観葉植物なので、これからも大切にしていきたいと思います(^_^)v

スポンサーリンク
スポンサーリンク