調理家電

アメリカらしく「庭でBBQを楽しむ」には、グリル?グリドル?ホットプレート?

こんにちは!アメリカ在住16年目のあおのりです😊


アメリカ暮らしで気にいってることの1つに、「庭でBBQが楽しめる」があります。

とにかく、アウトドアで使えるグリルの品揃えが豊富!

さらに、その燃料となるプロパンガスや炭はどこでも手に入るし、日本と比べるとお手頃価格。

また、電気グリルを使う場合も、パティオには必ず電源があります。

そしてなにより、家の中は汚れないし、片づける必要がないし、焼くだけで簡単だし、いいことづくめ!


そんなアメリカならではの、庭でBBQを楽しむ方法について、ご紹介したいと思います。

庭でBBQを楽しむ道具について

最初に、BBQする道具ですが、

  • グリル
  • グリドル

の2つに分かれます。

グリルとは

グリルは、食べ物を置く部分に穴が空いています。

そして蓋つきです。

穴が空いているので焼き目がつきやすく、蓋があるのでグリル内の温度を一定に保つことができます。

特長は、

  • 遠赤外線で焼けるのでお肉が美味しく焼ける
  • スモーク調理が可能
  • オーブンと同じように使える
  • 余分な脂は下に落ちる

種類は、

  • チャコールグリル
  • ガスグリル
  • 電気グリル

の3種類あります。

グリドルとは

グリドルは、穴が空いていない鉄板です。

蓋はありません。

特徴は、

  • 穴がないのでどんな食材にも使える
  • フライパンと同じように使える
  • 余分な脂は横に落ちる

種類は、

  • ガスグリドル
  • 電気グリドル

の2種類あります。

BBQレシピの探し方

次に、BBQのレシピの探し方です。

日本のBBQレシピも美味しいですが、アメリカの味も美味しい物たーくさんあります。


まず、グーグルなどの検索エンジンで使えるキーワードと傾向としては

  • grill recipes ➝ BBQをはじめ、焼くだけのレシピが多い
  • griddle recipes ➝ タコ、ホットケーキ、炒め物、焼きそばなど、フライパンでできるレシピが多い
  • BBQ recipes ➝ 時間かけてじっくりお肉を焼くレシピが多い
  • Oven recipes ➝ 多彩

のような感じです。


次に、アメリカでおすすめのレシピサイトは、

  1. food network
  2. Allrecipes
  3. Simply Recipes

の3つがおすすめです。

手間はかかるけど美味しいのは、food network

幅広く簡単に作れるレシピは、Allrecipes

野菜多めでヘルシーなレシピは、Simply Recipes

という感じでしょうかー。


キーワードとレシピサイトと組み合わせでご利用ください。

アメリカのグリル

さて、ここからは実際の商品を見ていきます。

先にも書きましたが、グリルは非常に品ぞろえが多く、どれを買えばよいのか悩んでしまう方も多いと思います。

私の経験も踏まえて、ご紹介していきますね!

チャコールグリル

チャコールグリルは、中に炭を入れて熱し、調理する物です。

入れ物だけですから、コスパはとても良いです。

良質な炭を使うと、とても美味しい物ができますよ~。


サイズはとても小さな物から、幅が2メートルくらいになるものまであります。

丸型で一番小さなチャコールグリルは、14インチです。

焼き鳥ができそうな四角い物もあります。

大きな物では、Weberがおすすめです。

ガスグリル

次にガスグリルですが、個人的にはこちらが一番おすすめです。

ガスグリルに各種サイズがあり、WalmartやKroger、Home DepotやLowe’sなどの屋外で売られているのは、大きめになります。

大きめのガスグリルは、パティオがしっかりしている場合は問題ありません。

そうでない場合はコンパクトなガスグリルも売られています。

Weber Q1000 Liquid Propane Grill

写真はわが家のガスグリルです。

キャンピングカーで持ち運んで使っています。

サイズが小さいので、パティオが小さめだったり、アパートメントにお住まいでベランダ利用という場合にも最適です。


また、持ち運び用のバッグも売られています。

このバッグに入れて持ち運びができて、キャンピングカーの外向きの収納にも余裕で収まります。

家の中に収納することもできちゃうのです。


さいごに、グリルはこちらの商品です。
Weber Q1000 Liquid Propane Grill

グリルに使ってるカバーはこちら。
SAMDEW Outdoor Grill Cover Compatible with Weber Q1000 Q1200 Propane Gas Grill

油受けはこちら。
Weber Aluminum Drip Pans

グリルをコロコロ移動できるカートもあります。
Weber Q Portable Cart

電気グリル

ガスグリルは火力が強く、温度が安定することが魅力ですが、プロパンガスのタンクが重いのが大変です。

そこで、電気グリルの登場です。

わが家は象印の電気グリルを使ってますが、焼肉にはもってこいです。

Zojirushi EB-DLC10 Indoor Electric Grill


他には、ガスグリルで登場したWeberからも、電気グリルがでています。

アメリカのグリドル

グリドルは、日本で言うところのホットプレートと機能が似ています。

ただ、朝食の卵やベーコンを、朝からグリドルでジュージュー焼いている人が多い印象です。

あと、アメリカで人気のメキシコ料理ではトルティーヤを使いますが、そのトルティーヤを焼きながら、中の具材も一緒に焼くと、より美味しさが増します。


そのグリドルですが、日本人でガスグリドルが欲しいという方は、あまりいないのではーと思ったりしてます・・・。

なので、ここでは電気グリドルだけ紹介します。


こちらは電気グリドルと言えばのプレスト製です。


お値段も50ドル以下とお手頃価格。

ただし、アメリカのグリドルは蓋がありません。

そうなると、餃子を焼くことができないんですねー。


蓋つきの電気グリドルとなると、象印から2タイプ発売されています。

数年前までタイガー製品もあったんですが、発売中止したみたいです。

さいごに

アメリカのグリルとグリドルについて書きましたが、いかがだったでしょうか。

これはキャンピングカーに乗るようになって知ったことですがー。

アメリカの人はグリル派とグリドル派に、ぱっこり分かれるようです。

そしてグリル派の人は、お肉を美味しく食べたい気持ちが強く。

グリドル派の人は、家のキッチンで炒め物をしたくない気持ちが強い😅


また、何かわからないことがあれば、遠慮なくご質問くださいね。