資産運用

アメリカの不動産を15年持ち続けた結果。

こんにちは!あおのりです😆

2007年に自宅用として買った家があります。

その家を2022年に売ることにしました。

今回はその家で出た利益について記録がてら書こうと思います。

利益は?

結果だけ知りたい方のために、最初に結論を書いてしまいます。

2007年に100で家を買ったとすると、2022年までの15年間で、70の利益がでました

もし、家の価格が1000万円だったとしたら、700万円の利益が出た、ということになります。

複利で、15年間、年利4.5%で運用したことになります。

アメリカ不動産の運用状態

2007年~2012年の5年間は、自宅として利用。

2012年~2022年の10年間は、賃貸物件として運用。

賃貸物件として運用するために、プロパティマネジメントの会社と契約し、手数料を払ってました。

住宅ローンは2007年~2013年までの6年間払い、2013年に繰り上げ返済を行って完済しました。

アメリカ不動産の価値の下落

先にも書きましたが、2007年はリーマンショック直前。

だから、今思えば、あり得ないほどの高値でしたー。

その2007年で買った価格を100とすると、2012年に引っ越しが決まった時は、すでに、100から60くらいまで価値が下がり。

そこから2019年までは、少しずつ上昇。

それが、コロナであっという間に100になり、2022年で127です。

アメリカ不動産を売ろうと思った理由

天井を見極めようとか、そんな大それたことは思ってません。

ただ、家のある場所は今後、どうなっていくんだろうと考えました。

一番考えたのは、今後その場所の人口は増えるのか、ということ。

私なりに色々と調べた結果、あまり増えそうにないという結論に。


人口と同時に、政策金利も見てました。

にょきにょき上がってます。

それに合わせて、不動産在庫も増え始めたのがわかりました。


景気後退についてもあれこれ言われているし、売るなら少しでもキャピタルゲインで利益が出る今だなーと。

アメリカ不動産を売る時の流れ

その不動産ですが、先にも書きましたが、

  • 2007年~2012年 自宅
  • 2012年~2022年 賃貸運用

のようになってます。

その賃貸運用は、プロパティマネジメントの会社にお願いしてきました。


そして、そのプロパティマネジメントをしてくれている方は、リアルターさんでもあります。

売りも買いもできる方です。

なので、売るためのあれこれは、すべてその方にお願いしました。


まずテナントさんに連絡。

契約更新までいてもいいけど、早く出て行ってくれても問題なし。

早く出て行った場合、ペナルティはもちろんなしと伝えてもらいました。

結果、2か月ほどでテナントさんの引っ越し完了。


次に、家の中のクリーニングです。

でも、リフォームやステージングはせず、そのままの状態で売ることにしました。


売りに出したのが金曜日の夕方で、その翌日の土曜日に売値でオファーが1つ入りました。

日曜日にもう1つ売り値でオファーが入ったけれど、条件が悪く、リジェクトしました。

最終的に土曜日に入ったオファーを受けることに。


その後買い手の方は、すぐに持ち家を売りに出しました。

でもOpendoorのようなところに、キャッシュ取引で売ることにしたようで。

すぐにUnder Contractに入りました。


現在ここまでですが、おそらく、このまま問題なく終わると思います。

アメリカ不動産の利益内訳

さて、そんな長期にわたってほぼ塩漬け状態だった不動産ですがー。

キャピタルゲインとしては、

  • 家の購入価格を100とすると、27の利益

インカムゲインとしては、

  • 家の購入価格を100とすると、43の利益

となりました。


合計すると、

  • 家の購入価格を100とすると、70の利益

となります。

さいごに

塩漬け状態が長かった不動産投資でしたが、賃貸運用すると、大きな利益になるものですね。

悪くない投資だと思います。


また、今住んでいる家は、

  • 2012年に100で買ったとすると、2022年現在は211

という状況です。

こちらは自宅ですから賃貸運用ができません。

このままキャピタルゲインとして、利益が増えてくれたらなーと思っています。