ドラマと映画

人間味のある自閉症ドクターが主人公のアメリカの新ドラマ「The Good Doctor」

アメリカのテレビドラマの話題です。

 

2017年9月に、

という新しいドラマがはじまりました。

アメリカのテレビ局abcで放映されていまして、シーズン1のエピソード3まですすみました。

 

主人公はドクター ショーン・マーフィー(Dr. Shaun Murphy)。

なんと、自閉症(Autism)のお医者さんです。

自閉症の中でも高機能自閉症(High-functioning autism)、さらにサヴァン症候群(Savant syndrome)。

サヴァン症候群とは、映画「レインマン」で知られるような、特定の分野で突出した才能を持つ人です。

 

日本から観れるかどうかわからないのですが、Youtubeのトレイラーを貼っておきます。

 

このドラマ、人間らしい香りがして、私は好きだなぁと思ったのですが。

調べたら、なんと、元は2013年に放映された韓国のドラマでした。

なんか、しっくりくると思いました(笑)

あと、主人公が自閉症なことを除き、グレイズ・アナトミー 恋の解剖学(Grey’s Anatomy)にも似ています。

私はグレイズ・アナトミーの人間臭さも好きなので、このドラマは楽しめそうです。

 

ところで、主人公を演じているフレディー・ハイモア(Freddie Highmore)。

The Good Doctorの前は、ベイツ・モーテル(Bates Motel)でも主人公を演じています。

ベイツ・モーテルでは、サイコ(Psycho)だったので、独特な役が多いようです。

ちなみに、フレディー・ハイモアは、イギリスのロンドン出身。

なので、The Good Doctorの宣伝でトークショーに出ていたときは、普通にイギリス英語を話していましたよ。

 

さいごに、簡単な英会話ネタです。

 

エピソード1で女性のドクターが、

  • I heard it.

と言うシーンがあります。

これは、

  • 聞こえたわ。

のような意味になります。

listenとhearの違いは、対象となる音を、意識してきくかどうかです。

listenは意識してきく方。

hearは意識せずにきこえる方。

ここでは、「I heard it.」なので、意識してなかったけれど耳に入ってきたということになります。

 

ではまた~(^_^)/~