キャンプ

新しいキャンピングカー

こんにちは!あおのりです😁

今日は3連休の最終日。

そして独立記念日ですね!

天気予報をみると、晴れ☀な上に100℉まで気温が上がる様子。

花火大会🎆へ行かれる方は、熱中症対策しっかりされてでかけてくださいねー!


さて、ひと月前、キャンピングカーを買い替えました。

これまで、そのバグ出しをしてまして、やっと目途がついたので、ブログに書いていこうと思います。



まず、買い替える前に乗っていたのが、こちらです。

2019 Winnebago Travato 59GL

間取りはこんな感じでした。

2019 Winnebago Travato 59GL間取り



そして今回、新しくわが家へやってきたのはこちら。

2022 Winnebago View 24D

間取りはこんな感じです。

2022 Winnebago View 24D間取り



変わった点をざっと並べてみると、

  • Class B Motorhome(バン)➝Class C Motorhome(キャブ)
  • ベース車:Ram Promaster 3500➝メルセデスベンツのスプリンターキャブ
  • 全長:21フィート(6.4メートル)➝25フィート6インチ(7.8メートル)
  • スライドなし➝スライドあり

のようになります。

最後に書いたスライドとは、こんな感じのものです。

2022 Winnebago View 24Dのスライド

スライドは、車が停止した状態で開きます。

スライドを開くと、車内のスペースがその分広くなるようになっています。

間取り図を見ていただくとわかりますが、このキャンピングカーの場合、ダイネットとベッドがこのスライドに乗っかってます。

正直なところ、最初、寝てる間に車がコテンとひっくり返らないか、心配でした。

でも、当然ですが、そんなことは起きず😆

ダイネットもベッドも、居心地最高です。



さいごに、買い替えした感想ですが・・・。

バンは、必要な機能がギューギューに詰め込まれてました。

それがキャブになって、必要な機能にプラスして、寛ぐスペースができた感じです。

今後、少しずつ、ブログでも紹介していきたいと思います。