今週は夫が出張で留守です。その間、暇なのでももと一緒に軽くハイキングへ行こうかなーと思ってました。でも、なんか石鹸の泡立ちが悪くて、もしかしてウォーターソフナー(軟水器)の調子が悪いのかもーと思いはじめ、ハイキングはなしにして、ウォーターソフナーのメンテナンスをお願いすることにしました。

ちなみにですが、うちにあるウォーターソフナーはコストコで紹介されているEco Waterで、導入したのは2018年です。ウォーターソフナーを導入した理由は、肌の調子が悪かったから。最初、クロライン(塩素)が原因かと思い、シャワーヘッドに取り付ける簡易的なフィルターを試したのです。

WaterChef® Premium Shower Filter System

このフィルターは、中のカートリッジを半年に1回交換するんですが、買って半年後、交換のために中を開けました。すると、中が茶色くドロドロ状態。「なにこれ?!」とびっくりして、カートリッジを交換してから1ヶ月後、再び中を開けると、また中が茶色くドロドロ。当時、周辺で新しい家が乱立していたことが影響していたと思いますが、それでも愕然としました。

最初、こんな水質の悪いところに住んでいたら病気になってしまうと、引っ越しすることを考えました。でも、引っ越したからといって、水質が良くなるとは限りません。当時、ダラスエリアの水質の悪さは、ニュースでも頻繁に取り上げられていたからです。そこで、水質を改善する方法がないか、調べてました。これは、硬水を軟水にするだけではなく、水そのものを浄化する機能をつけるということです。そしてたどり着いたのがEco Waterでした。

導入してからしばらくは水道管が汚れているので軟水になりませんが、一度軟水になると、そこからは綺麗なお水です。うちは導入後、お水がぬるぬるして軟水になったと感じたのは、数か月かかりました。そして、導入してから4年経った現在、Eco Waterを導入して本当に良かったと思っています。軟水になったことで石鹸シャンプーできるようになり、肌のトラブルは減りました。たまに普通のシャンプーリンスを使うことがあると、やはり湿疹が出てしまうんです。なので、石鹼シャンプーができるのはありがたいです。

その石鹼シャンプーができなくなると、また、湿疹との戦いになってしまうので、ウォーターソフナーのメンテナンスに来てもらいました。でも、あれこれ確認してもらったけど、どこも悪くなってませんでした。水質の検査も問題なしなので、装置的にはしっかり動いているとか。でも、少し硬水になったように感じたのは事実なので、水道に流れてくる水が、硬水よりになったのかもしれません。そこで、Eco Water側で、より軟水にするための設定方法を教えてもらいました。明日から、より軟水になるはずです。

そんなわけで、軟水化と同時に、クロラインをはじめ、水質自体を良くしたい方にはおすすめな装置です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll to Top