損益

米国株デイトレ。びび利確

今週になって、気温がぐっと下がってきました。

朝の散歩は、手袋して歩かないと手がかじかみます。

やっと冬っぽくなってきましたよー。


さて、今日も米国株デイトレードについての忘備録になります。

2週間前から、なかなか大きく利益が出せなかったのですが、今日、久しぶりに300ドルを超える利益を出せました😭

正確な数字は、利益が311.78ドルで、手数料が26.90ドルです。


トレードした銘柄は全部で10個。

AAPS、BYND、FB、ROKUが、HOD(High of the Day)からの逆張りショート。

それ以外は、抵抗線と支持線を使ってちょこちょこトレードしました。

株数は1トレードすべて100株です。


今、気をつけていることは3つ。

1つ目は、トレードする株の企業情報は必ずチェックすること。

2つ目は、損切りを確実に実行すること。

3つ目は、抵抗線と支持線に合わせてトレードすること。


1つ目の企業情報を必ずチェックすることにしたのは、月曜日にLCIDをトレードして撃沈したから。

マーケットオープン直後の板が厚くて、人が集まっているように見えたんです。

でも、これはおそらくフェイク。

あとで調べたらニュースらしき物はなかったし、1日で株価は上がっているのに、1日足のRSIの値は下がってましたから。

これに懲りて、会社情報のチェックは入念にするように心に誓いました。


損切りに関しては、長いことコツコツドカンをしてきただけあって、私にとってはとても難しい作業です。

でも、最近ようやくわかったのが、とにかく損切を10セント以下で頑張ることができれば、利益は後からついてくるということ。

思っていた方向と違う方向へ行ったら、とにかく損切り。

再び、思っていた方向へきたら、もう一度インするくらいの感じです。

ただ、損切りを10セント以下にするためには、スプレッドが10セント以下ものを選ばないといけません。

今日トレードした物ではROKUのスプレッドが広くて、朝は30セントくらいだったと思います。

このROKUが、昼過ぎにHOD(High of the Day)のアラートが出たので、スプレッドを確認したら15セントに下がってました。

しらばく監視していたら、さらにスプレッドが5セントくらいまで狭くなったので、その時にショートしたら利益を出せた感じです。


抵抗線と支持線に関しては、見える時と見えない時があります。

以前は見えなくても、なんとなくトレードしちゃったりしてました。

でも、それはダメなんだということがわかり、今は、見えない時はトレードしないというルールにしました。

この抵抗線と支持線が見えた時だけトレードするようにしたら、確率が上がったように思います。


次に、今後の課題です。

今日トレードしたROKUです。

赤い三角が260.29ドルでショートしたところ。

緑の三角が259.93ドルで利確したところです。

その後、254ドルまで下がったんですよー😞

私は、損切りが遅くて、利確が早いんです。

それがコツコツドカンを招くわけですが、やっと損切りだけは早くできるようになってきたので、次は、びび利確をなんとかできればいいなーと。


他にもたくさん課題はありますが、今日の感覚を忘れないように、頑張ろうと思います。