Python勉強中

ヒストリカルマーケットデータのダウンロードできました

昨日の米国株は、月末だからでしょうか、大きく下げましたね。

そんな中、RBLXとAAPLをトレードしました。

AAPLはこのところずっと強気で、昨日は午前中少しだけVWAPを割りましたが、それ以外はアゲアゲ。

おまけにマーケットクローズになるまでの30分で2ドル上昇、エクステンデッドタイムに入ってからさらだに1ドル上昇して最高値更新。

出来高もしっかりついてきてました。


そして今日の米国株は反発したのかと思いきや、午後から下げました。

主にAAPLをトレードしましたが、午前中のアゲアゲにはなかなかついていけず。

午後のサゲサゲで少しずつ利確して、最後にリバウンドを少しひろった感じです。

MUも少しだけトレードしました。


気になるのがVIXです。

今日のマーケットが閉じた時点で31.12。

明日は木曜日なので、どうなりますかー。


さて今日も「Pythonによるファイナンス 第2版」でPython勉強中・・・。

なんですが、7章の最後で、csv形式になっているマーケットデータをグラフ化するところがありまして。

でも、そのマーケットデータを持っていないので、グラフ化できず😭

しかも7章の最後だけではなくて、8章はまるまるマーケットデータが必要なので、過去のマーケットデータ探しをはじめました。

過去のマーケットデータって、無料のものも少しあるみたいだけど、ほとんどは有料なんですね😅


あれこれ探した結果、私が利用しているIB(インタラクティブブローカーズ)では、リアルタイム・マーケットデータをサブスクしていると、ヒストリカルマーケットデータがもらえるようです。

データをゲットする方法はAPI経由のみらしく、私は以下のサイトを参考にデータをダウンロードできました。

How to get historical market data from Interactive Brokers using Python

グーグルスプレッドシートで表示するとこんな感じです。

データはAMDで2020年11月20日の1分チャートです。

AMDって1年前は80ドル台だったのねー。

今は150ドル前後だから、ほぼ倍!


そんなわけで、米国株デイトレードの方はまだしつこく横ばいですが、トレードも、Pythonの勉強も地道に頑張ります。