Pythonで細かいことだけど

明日はサンクスギビングデーですね。

わが家は明日から3泊4日でRVキャンプの予定でした。

でも、初日に雨が降り、さらに夜は霜がおりるという予報が出たので、おじいちゃん犬のもも🐩のことを考えてキャンセルしました。

普段は元気なじいちゃんだけど、地面が凍って転んだりしたら危ないのでねー。


さて、今日も話題はPythonです。

Pythonによるファイナンス 第2版」はOSがLinuxの環境で書かれているので、Windowsを使っていると「あれ?!」となることがあります

今、4章のNumpy配列を読んでいますが、81ページでエラーが出ました。

!ls -n arr*
'ls' is not recognized as an internal or external command,
operable program or batch file.

lsというのはLinuxのコマンドなのですよね。

調べたら、Windowsではdirというコマンドになるようです。


!dir /q arr*
 Volume in drive C is OS
 Volume Serial Number is 000D-AA9E
 Directory of C:\Users\xxxx\PycharmProjects\test1
11/24/2021  01:09 PM                32 DESKTOP-XXXXXXX\xxxx  array.apy
               1 File(s)             32 bytes
               0 Dir(s)  37,781,704,704 bytes free

dirに置き換えたらエラーでなくなりました。

でも、ファイルのパーミッションは出力されません。

ファイルのパーミッションはcaclsというコマンドがあるみたい。

!cacls arr*
C:\Users\xxxx\PycharmProjects\test1\array.apy NT AUTHORITY\SYSTEM:F 
                                               BUILTIN\Administrators:F 
                                               DESKTOP-XXXXXXXX\xxxx:F 

どういう意味かよくわからなーい。

調べるの面倒なので、Git bashで確認したら644でした。

$ ls -n array.apy
-rw-r--r-- 1 197609 197609 32 Nov 24 13:09 array.apy

今後、ファイルの取り扱いをすることがあれば、Windowsの場合は注意が必要ですねー。


というわけで、キャンプがなくなり、のんびーりなサンクスギビングデーになりそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。