Pythonの環境設定がやっとできた

昨日と今日のあさんぽは、人がほとんどいなくて静かでしたー。

今週末はサンクスギビングデーだから、みんなのんびりなんですよね。


さて、今日は忘備録です。

今、米国株デイトレードを裁量トレード(手動売買)からシステムトレード(メカニカルトレード=自動売買)へ移行するため、独学でPythonを勉強しています。

最初に「スッキリわかるPython入門」を読み、次に「入門 Python 3 第2版」をざっと読んで、今、「Pythonによるファイナンス 第2版」を読んでいるところです。


その「Pythonによるファイナンス 第2版」 の環境ですが、Pythonは3.7、OSはLinux、IDEはMinicondaが使われています。

対して私の環境は、Pythonは3.10、OSはWindows10、IDEはPyCharmです。

深く考えずに設定したら、こうなりました。

ところが、本で紹介されているライブラリーをインストールしようと思ったら、エラーが出てインストールできないんです。

昨日からずーっとごちゃごちゃいじって、今、やっとインストールできました。


インストールできなかったライブラリは、PyTablesとscikit-learnの2つ。

PyCharmでも、コマンドラインからpip使っても、インストールできませんでした。

ぐぐってみると、Python 3.10にライブラリが対応できてないっぽい。


そこで、本で取り扱っているPython 3.7をインストールしました。

そして、PyCharmでインタープリタにPython 3.7を選んだらインストールできました。

ただし、scikit-learnのパッケージ名はそのままだけど、PyTablesのパッケージ名はtablesになったっぽいです。

PyTablesのWEBサイトはhttp://www.pytables.org/なんですが、その中のDownloadsのところで、Stableのパッケージ名がtablesになっているんです。

なので、たぶん大丈夫と思うけど、違ったらごめんなさい。


また気づいたことがあれば、書こうと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。