PythonでAMDの株価を取得できた

秋らしくなってきたなーと思ったら、もう11月。食欲の秋ですね~😆


さて、最近の米国株デイトレードですが、1ヶ月ほど横ばいです。それまではずっと右肩下がりだったので、明らかに 「システムトレード 基本と原則」の影響だと思います。このまま横ばいで頑張り続ければ、いつか右肩上がりになってくれるのではないかと、淡い期待をしつつ取り組んでます。

そして少し前、プログラミング言語のPythonの勉強をはじめたということを書きました。理由は、米国株デイトレードを裁量トレードからシステムトレードへ移行するためですが、やっと、株価を取りにいくところまでたどり着きました。

参考にしたのは、こちらのページです。
Interactive Brokers Python API (Native) – A Step-by-step Guide

何これ?って感じですが、万が一にも興味ある方のために説明を加えておきます😅

amd.pyというファイルの中に、Pythonのプログラムが書かれてます。どんなプログラムかというと、最初に接続の確認をして、次にAMDの株価を表示させるという物なんです。

画面の上半分が接続の結果、そして下半分がAMDの株価で、ループさせて10回データを取りにいってます。

参考にしたページに書かれているプログラムを写しただけですが、ここまでが長かったー。

ちなみに、これまでの作業は以下のような感じ。

  • インタラクティブブローカーズ(IB=証券会社)のプラットフォーム(TWS)をインストール
  • IB APIをインストール
  • IBの契約にリアルタイムストリーミングを追加
  • Pythonをインストール
  • TWSを起動して、APIが使えるように設定を変更
  • Gitをインストール
  • Git bashを起動して、プログラムファイルを作成
  • Git bashでプログラムファイルを実行→失敗
  • モジュールの場所を変更
  • Git bashでプログラムファイルを実行→成功

結局、接続の確認ができなかったのは、モジュールの場所がダメだったようです。場所を変更したら動きました。


今後ですが・・・

入門 Python 3 第2版」を引き続き勉強します。

夫が「Python使うならpipとかvenvとか使わないの?」とか、「IDE(統合開発環境)は何を使うことにしたの?」とかきいてきます。なんのことやらさっぱりですが、ちゃんと調べた方が良さそうなので、時間のある時に調べようと思います。

Pythonでやりたいこととして、一番最初に「損切りと利確の自動化」を考えていましたが、その前に「スキャナー」を作りたいと思っています。というのも、取引する銘柄選びはTrade Idea Proを使ってますが、フィルターが細かく設定できないので、リストに出てきた銘柄を1つ1つ確認する作業が必要なんですねー。これを自動化させるプログラムを作りたいなーと。


先は長いけど、前進あるのみ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。