アメリカで2番目に大きなキャニオンでRVキャンプしてきました

2年前(2019年)の夏にキャンピングカーを買い、その使い方に慣れたころ、もも🐩と一緒にPalo Duro Canyon State Parkへ行きました。想像以上に良い場所で、「夫にも見てほしい!」と翌年の春予約したけれど、コロナでパークが閉鎖。同年の秋は、Palo Duro Canyon State Parkから一番近い町のAmalliro, TXでコロナが蔓延し断念。今年は年明けにももが足の手術があり、やっと秋になって、夫婦揃ってキャンプすることができました。

そんなわけで、今日はそのPalo Duro Canyon State ParkでRVキャンプしてきた様子ご紹介します。

最初にPalo Duro Canyonについて

パロデュロキャニオン(Palo Duro Canyon)は、テキサス州の北部にあります。そして、テキサス州立公園のPalo Duro Canyon State Park内でしか見ることができません。ダラスからだと距離は400マイルほどで、車で6時間前後かかりますが、途中風力発電のエリアがあり、風が強い時はそれより長くかかることがあります。

サイズは、全長約120マイル、幅約6マイル、深さ約820フィートで、アメリカでは2番目に大きなキャニオンです。1番はもちろん、グランドキャニオン(Grand Canyon)で、全長約277マイル、幅約18マイル、深さ約6,000フィートあります。深さはグランドキャニオンが圧倒ですが、広さはそこそこある感じです。

Palo Duro Canyon State Parkを楽しむ方法

グランドキャニオンへ行かれたことがある方はわかると思いますが、キャニオンは上から眺めて楽しむ感じですよね。底を経験することはできますが、かなり体力がないと難しいです。それに対して、パロデュロキャニオンは底まで道路があるので、パーク内をドライブするだけでも楽しめます。1時間もあれば、ぐるっとまわることができるでしょう。時間があれば、パーク内にトレイルは10か所以上あるので、ハイキング、バイキング、馬の散歩などが楽しめます。さらに時間があればキャンプするのも楽しいです。

Palo Duro Canyon State Parkのベストシーズン

Palo Duro Canyon State Parkは今回で3回目でしたが、昼は80℉以上、そして朝方40℉以下まで下がりました。とにかく昼と夜の温度差が激しいです。そのため、ベストシーズンは春と秋になります。

もう少し細かく分けると、日帰りドライブは雪が降らない限りいつでも楽しめると思います。ハイキングする場合は、秋から春で雪が降ってなければ問題ないでしょう。夏は暑さに強い方で、大量の水を背負って歩ける方のみ。キャンプは、テントのみでも、RVでも、春と秋がベストシーズンです。

あと、キャンプ場へ降りる道が細めなので、RVだとサイズはクラスCくらいがちょうどいい感じです。クラスAは相当慣れてないと難しいかも。わが家はクラスBなので楽勝です。トラベルトレーラーは曲がるのでそこそこの大きさはいけそうですが、5th Wheelはサイズが大きいとくねくね道を曲がれないかもしれません。

Palo Duro Canyon State ParkでRVキャンプの様子

ここからは、今回のキャンプの様子です。

1日目(10月28日)

朝9時過ぎに家を出て、Palo Duro Canyon State Parkに着いたのは午後5時くらいでした。この日は風が強く、おまけに向かい風だったので、すごく時間がかかりました。

公園の受け付けは人がいなくて、勝手にチェックイン。入って1分くらい走ると、右側に駐車場があり、そこからの眺めはこんな感じです。

そして急な坂道をくだっていくと、キャンプ場があります。

キャンプ場はいくつもありますが、一番眺めがいいキャンプ場はJuniper Camp Areaだと思います。わが家は、行きたいハイキングトレイルに近いHachberryで、サイトは9番にしました。

10月28日の朝出発して、到着したのは午後4時過ぎ。なので、1日目の夜は簡単にコストコで買ってきたご飯です。

夜中になってからは、双眼鏡を持ち出して天体観測です。肉眼で天の川が見えるくらい星の数が多く、双眼鏡を使ったら、なんとアンドロメダ星雲が見えました🤩

2日目(10月29日)

2日目(29日)の朝は、気温が下がって寒かったです~。コーヒーを飲んで10時くらいにハイキング開始。レベルはDifficultのGIVENS, SPICER,
LOWRYで、片道3.1マイルあるトレイルです。このトレイルを1マイル歩くと、こんな景色になります。

少し気温が上がってきましたが、こちらの方はまだ元気です。

さらに歩くとこんな景色に。

もものエネルギーの様子を見つつ、2マイルまで歩いてUターンしました。

午後からは、虫対策でスクリーンテントを作りました。

そして、シカゴ風ピザを焼きました🍕センスのない盛りつけ😅

ダッチオーブンで15分。

ペペロンチーノが焦げてしまったー。たぶん、下の火に比べて、上の火が強かったんだなー。

けど、ピザ生地の焼き加減はバッチリでした✌

3日目(10月30日)

3日目も朝からハイキングです。Upper Comancheトレイルの途中から入るとこんな景色がー。

この道をずんずん進んでいくと、こんな眺めになります。

この時点で気温が高くなり、もものエネルギーが切れそうだったので、ハイキングは終了。時間にして、1時間くらいでした。

お昼を食べて、午後からはスクリーンテントの中でだらだらタイム。そして、夕方になってから、今月夫が50歳になったので、コストコで買ったシャンパンでお祝いしました🥂

ペーパーで包んでいるのは、キャンプ場ではアルコールとわかるような物は、外に置いてはいけないから😆

そして夜になって、夫はごそごそ天体観測してました。

4日目(10月31日)

4日目は朝から片づけて、家に帰りました。

Palo Duro Canyon State Parkで気をつけたいこと

Palo Duro Canyon State Parkは一度は訪れたい場所ではありますが、いくつか気をつけたいことがあります。中でも、気になるのが虫対策で、特にアブ、ブヨ、ハエの数がすごいのです。キャンプ用の虫よけスプレーは必須です。さらに、スクリーン付きのテントがあれば、外でゆっくり寛ぐことができます。

次に気をつけたいのが、スマフォの電波はまったく届かないということです。公園を出て1マイルくらい車で走ってやっと電波が届くくらいなので、公園に入る前に必要な情報はすべて準備しておくことをおすすめします。

また、公園の近くにはお店がありません。春や秋でも日中は気温が上がりますので、水は多めに準備し、乾燥対策、日焼け対策は万全に。

ハイキングは細かい砂の中を歩きます。人の靴は砂まみれになり、犬は全身砂まみれになります。毛が白いわんちゃんは、注意が必要です。

関連記事

キャンプ場での虫対策
ハイキング用の靴ゲットー

関連商品

ハロウィーンの紙皿セット
Halloween Party Plates Napkins Cups Sets

スクリーンテント
SlumberTrek Flexion Lightweight Outdoor 6 Sided Pop Up Gazebo

ピザを焼いているダッチオーブン
Lodge Cast Iron Cook-It-All Kit

もものベッド
Amazon Basics Cooling Elevated Pet Bed

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。