アメリカで不動産投資。家賃の値上げ。

週末から、ももの食欲が落ち、大好きなダックジャーキーも食べなくなってしまいました。

どこか具合が悪いのかと心配して、これで食べなかったら病院の予約を取ろうと思い、夫と私でももを囲んでご飯を食べさせたら、食べてくれました。

しかも、相当お腹が減っていたらしく、モリモリと。

よくわからないけど、独立記念日の花火や爆竹の音が怖かったのかなー。

人の耳では気にならない程度の音でも、ももには聞こえてしまうのだろうから。

今後、気をつけてあげないといけないなーと思ったのでした。


話しは変わって、不動産投資について。

アリゾナに住んでいた時に買った家を、2012年から賃貸物件として運用しています。

2か月前、プロパティマネジメントの担当者さんから、更新時の家賃について連絡がありました。

「家賃の値上げをした方がいいけれど、いくらにしますかー。$〇〇~$〇〇の範囲でいいと思うわー。」という内容でした。

家賃に関しては、いつもzillow.comに出ている価格に設定していますが、今回はそれより50ドル安くすることに。

安くした理由は、今のテナントさんが大きなトラブルなく暮らしてくれているので、ぜひ、このまま長く暮らしてくださいという思いがありました。

そうはいっても、家賃そのものは数百ドル上がるので、50ドルの値引きは、テナントさんにとっては大した違いではないかもしれませんがー。

その後、安く設定した甲斐あったのかどうかはわかりませんが、無事、賃貸契約は更新されたようです。

このまま長く暮らしてくれますように😊

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。