痛々しい・・・

クリスマス辺りからだったと思います。

ももが、足の爪を気にしてペロペロしてました。

何か、足についたのかもと思って見るんですが

特になにもなく。

何か、ももが気になる臭いの物でも足についたのかと思い、

足を念入りに洗ったりしてました。


ところが年末になると、ペロペロではなく、

ガリガリと爪をかじったようです。

気がついたら、深爪のひどい状態になってました。

それが、お正月になると、歩くのが少し痛そうに。


1月4日にいつもの獣医さんに連絡したら

予約が取れたのは1月8日。

その間、症状は悪化して、小指が腫れてパンパン。


そして、病院へ行くと

ガッチガチに包帯巻かれて戻ってきました。

何が起こったかというと、

爪に細菌が入ってしまって、化膿したのだそう。

処置は、爪を短く切られたようです。

(考えただけで、痛そう~。)

薬は、抗生剤と痛み止めをくれました。


とりあえず、包帯は月曜日まで。

包帯は不潔な状態にしてはいけないとのことで、

外でトイレするときは、

包帯にビニールなどをつけていくこと。

もし、ももが自分で包帯を取ってしまったら、

すぐに獣医さんに連絡してくださいとのこと。


そして、薬が終わるまでの10日間は

家で安静にという感じです。


今回、いつも行っている病院だけど、

違う獣医さんが処置してくれました。

はじめての獣医さんだったけど、

いつもの獣医さんより、いい感じ。

説明がすごくわかりやすかったんですよねー。

いい機会だから、

次からはこの獣医さんにお願いしちゃおうっと。


そんなわけで、月曜日まで

ももが包帯をガジガジしないよう

監視しまーす!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。