アメリカでキャンプ。やっとキャンピングカーがもどってきた

長かったー。

やっとこさ、キャンピングカーが戻ってきました。

預けたのが8月3日だったので、2か月以上もかかりましたよー。


で、何が問題だったかというと、ただ単に、バッテリーのヒューズが飛んだだけ。

なのに、なぜ、こんなに時間がかかったかといいますと。

うちにあるのは、Winnebago 2019 Travato 59GLというキャンピングカーで、リチウムイオンバッテリーを積んでいます。

そして、そのリチウムイオンバッテリーがなくなったり、動かなくなったら、自動でキャンピングカーのエンジンがかかる装置がついてます。

これは、犬をキャンピングカーでお留守番させる時に、安心な機能なんですねー。

テキサスは暑いので、エアコンが止まると、あっという間に車内の温度が上がってしまうので。

そして、そのリチウムイオンバッテリーというのは、実は暑さや寒さに弱いのですが、その対策もされています。


ところが、このリチウムイオンバッテリーのシステムは、Winnebagoではなく、Voltaという会社が作ったものなんです。

そして、Voltaのシステムは、Voltaの人しか、修理できないのだとか。

つまり、Voltaから技術者さんがやってきて、修理してくれたそうです。

それにしても、2か月半は長かったー。


そんなわけで、キャンプ場を探してます。

でも週末は、どこも予約でいっぱい。

あちこち探して、とりあえず、来週はアーカンソー州のOuachita National Forestへ行ってきます。

昨年ソロで行った場所なんですが、森林浴にはもってこいの場所です。


夫の仕事、テレワークになってから、すごーく忙しくなりました。

森林浴でリフレッシュできますように!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。