接着芯の貼り付け、ちょび失敗

「大人をきれいに見せる服」から、くるみボタンのギャザーチュニックを作っています(*^^*)

デザインは、

を参考にしていただければと思います。

昨日は、予定通り接着芯が届き、見返しを作りました~。

見返しといえば、中野ユカリさんの本で、接着芯を布に貼ってから、生地も一緒に切ると綺麗にできあがると書かれていました。

現在はそれに倣っております(`・ω・´)ゞ

生地を裁断するときに、縫い代を広めにします。

そして、縫う線をチャコペーパーで写し。

布より少し小さめに接着芯を切り取ります。

そして、接着芯をアイロンで貼り付け。

ここで、接着芯を貼り付けると、縫う線が見づらくなるんですね~。

なので、型紙を使って接着芯の上から、再度、縫う線を書き写しています。

完成品がこちら↓。

でも、ちょっとだけ失敗(^_^;)

アイロンから水がこぼれてしまったのです。

そして、その部分がくっついてくれませんでした。

矢印のところが浮いてしまっているの、わかるでしょうか?

今回は面倒なので、このまま使っちゃいますけど~(^_^;)

でも、接着芯の小さな失敗、結構あるので、ちょっと調べてみました。

今回使っているのは、Pellonというブランドの、

  • Pellon 911FF Fusible Featherweight Interfacing

というものです。

英語ですが、使い方の動画がありました。

見てみると、上から当て布をかけて、少しだけ霧吹きし、それからアイロンしています。

なるほど~。

ただ、接着芯によって、くっつけ方は異なるみたいなので、メーカーの推奨方法に従うのがいいのかもしれませんね!

そんなわけで、今日は時間が取れれば、前後のヨークと身頃をギャザーを作りつつ、ミシンをカタカタさせたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク