【アメリカでソーイング】Tシャツ作り(2)

おはようございまーす!

 

テキサス州は少しずつ、リオープンがすすんでいます。

サンアントニオのレストランでは、従業員がマスクとグラブ着用、テーブルは6フィート離して、1テーブルには2名まで(家族の場合は一緒に食べてオッケー)などなどの条件をつけて、ソフトリオープンという形で準備をしているようです。

 

さてさて、昨日からTシャツを作りはじめました。

といっても、独学だし、初心者の域は越えていません。

綺麗な画像は出せませんので、その辺りはご理解いただると嬉しいです。

 

最初に、使っている本はこちらの2冊です。

「みんなのカットソー」から、1番のTシャツを作っています。

昨日、型紙をカットし、その型紙をつかって、ニット生地もカットしました。

 

ここで「みんなのカットソー」について、洋裁初心者目線で書いておきます。

まず、型紙は、初心者には嬉しい、縫い代つきです。

そして、サイズ展開は、キッズ(110、120、130、140、150)と女性用(S、M、L、2L、3L)となっています。

男性用を作りたいときは、女性用をワンサイズ大きくすることで対応します。

カットソーは普通のミシンではなく、ロックミシンを使います。

そのため、ロックミシンを持っている人でないと、この本で紹介されている洋服は作ることができません。

 

参考までに、私が使っているロックミシンはこちらです。

アメリカではロックミシンはSergerといいます。

わが家のロックミシンは、Brother Serger 1034Dです。

Amazon.comで2014年に買ったのですが、当時のお値段は181.99ドルでした。

今みたら、262.99ドルになっています。

最初は使い方がわからず、長いこと取扱説明書とにらめっこしました。

今は、Youtubeで動画がたくさんありますので、そんなに難しくないと思います。

 

「みんなのカットソー」に話しをもどします。

そのロックミシンさえあえばいいのかというと、1のTシャツを作るには、普通のミシンも必要なんですねー。

1つは、胸ポケットをつける時。

もう1つは、袖口と裾を縫う時です。

 

胸ポケットは、普通のミシンに普通の針に普通の糸でなんとかなるようです。

でも、袖口と裾は、伸縮性を持たせないといけません。

これは、ニット地は伸縮性があるのに、糸に伸縮性がないと、着たり脱いだりするときに糸が切れてしまうのだそうです。

 

というわけで、袖口と裾を縫う、一番高級な方法は、カバースティッチミシンというものを使うのだそうです。

でも、それだけのために別のミシンを買うなんてありえません。

 

そこで、普通のミシンで、普通の針に普通の糸を使って、ジグザグミシンにすると、伸縮性が出るのだそうです。

ただし、見た目がジグザグになるので、好みが分かれるところです。

 

他の方法としては、普通のミシンで、ストレッチ対応の針に、ストレッチの糸を使うと、伸縮性が出ます。

これが、一番よさそうです。

 

本では紹介されていませんが、普通のミシンで、ストレッチ対応のツインニードルに、ストレッチの糸を使うという方法もあります。

この方法が、見た目がカバースティッチミシンの仕上がりに近いです。

 

ただ、今、アメリカではミシンもそうですが、ミシン周りの材料がメチャクチャ品薄なんです。

あっても、法外な値段がついています。

私が見た感じだと、今、Amazon.comは注意が必要です。

Joannはいままでと同じ値段で提供しているので安心です。

今回はJoannでストレッチ用のツインニードルとストレッチ糸を注文しました。

でも、いつ届くかわからない感じです。

なので、今回はジグザグミシンで対応するつもりです。

 

というわけで、今日はロックミシンで縫い代を始末しました。

久しぶりのロックミシンで、仕上がりはにょろにょろですが(^^;)

ロックミシンの使い方は、「みんなのカットソー」にもかなり詳しく書いてあります。

私は、「ロックミシンの本」も参考にしつつ、作業しています。

 

とりあえず寝間着用ということで、Tシャツ完成させたいと思いまーす!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。