【アメリカ】新型コロナウイルス抑制のメドがたったみたい

おはようございまーす!

 

アメリカ中、リオープンに向けての動きが活発です。

あちこちで、どのようにリオープンするのか、案が出始めています。

 

以下、個人的に思うことです。

 

とりあえず、学校はどこも秋にオープンしそうな雰囲気です。

NY州をはじめ、どこも、明確には言及していません。

新型コロナウイルスの第二波が秋だと言われているので、あくまでも、それが可能になればいいなーという感じではあるとは思います。

でも、学校をオープンしないと、働く人たちが働けないので、学校のオープンがいつになるのかは、重要です。

そして、秋までの間、少しずつルールを緩くしていくことで、流れをつかもうとしているように見えます。

 

ただし、新型コロナウイルスに感染したかもと思った人が、すぐにテストを受けることができるような環境をまず強化。

そして、クラスターが発生したら、個々に対処という感じです。

少し前まで、日本がやっていたことと同じになります。

 

もちろん、ソーシャルディスタンスと、高齢な人たちや基礎疾患のある人たちは、治療薬かワクチンが出るまで外出は控えるというルールは継続で。

そうすれば、新型コロナウイルスがやってくる前の状態には戻れませんが、それぞれが工夫をしつつ、細々と再開できるのではないかと。

 

ローカルな話しでは、ダラスカウンティはピークを過ぎたような気がします。

詳細は、昨日のダラスカウンティのクレイジェンキンス(Clay Jenkins)のツイッターでデータが公開されています。

そのデータを見て思ったことは、糖尿病患者の死亡率高いんだなーということです。

血糖値をコントロールできていないと、免疫力、ヨワヨワになるのは知っていたけれど、これほどまでに影響を受けるとはー。

 

そんなわけで、昨日書いたように、バランスボールを椅子にして、過ごしてます。

姿勢が良くなるので、いい感じです。

でも、マスクは作れませんでした。

日本のマスクのパターンを使って作ろうとしたら、なぜか、タイトルに書かれいてる物とは別な物のパターンが掲載されていて、結局、作りたいものが作れず、生地も無駄になってしまって、ガックリです。

なので、マスクは諦めて、昨日は投資の勉強をしてました。

そういえば、ミョウガの芽が出てきましたよー。

豊作でありますように!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。