くるみボタンのギャザーチュニック、ヨーク部分仮縫い

「大人をきれいに見せる服」から、くるみボタンのギャザーチュニックを作りはじめました。

デザインは、

を参考にしていただければと思います。

まずは、サイズが合うかどうか不安だったので、試し縫い。

試し縫いに使う生地は、日本ではシーチングと呼ばれているもの。

アメリカではMuslin fabricと呼ぶようです。

その生地で、昨日はヨーク部分を作りました。

サイズの変更ができるように、縫い代は多めに取りました。

そして、肩と脇を、ミシンでカタカタ。

完成品はこんな感じです。

なんと、予想に反して、サイズ、ピッタリでした\(^o^)/

このヨークの部分がサイズぴったりになるかならないかで、だいぶ印象は異なると思うので、すごーく安心しました。

今後、前身頃と後ろ身頃のギャザーの調整に作業を進めていこうと思います。

ということで、くるみボタンのギャザーチュニックは、本に書かれているヌード寸法を信じて、サイズを選ぶことができそう。

以前、同じ本に掲載されているサイドリボンのブラウスは、同じサイズでもバストの出来上がり寸法が10cm以上大きめ。

サイズが間違っていたのかと思いましたが、ただ単に、身幅がたっぷり目なデザインだったようです。

写真だけだとデザイナーさんの意図はなかなか伝わってこないものですね!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク