【アメリカ】新型コロナウイルスの嵐が去るのを辛抱強く待つのみ

こんばんはー。

 

毎朝の散歩へ行くと、マスクをする人が増えてきたなーと感じます。

どちらかというと、若い人の方が多いような。

 

さて、NY州の色々な値が、横ばいになってきた気がします。

NY州のデータは

が詳しいと思いますが、亡くなった方の年齢をみてみると、80%は60歳以上、50歳以上では90%です。

でも、今日、FOXだったと思うのですが、入院する人たちの年齢が下がってきたと話していました。

わが家はアラフィフ夫婦なので若くないですが、もし、若い方が読んでいたら、要注意です。

 

昨日と今日のホワイトハウスの記者会見は、特に代わり映えせずという感じでした。

ゆいいつ、抗マラリア薬(Hydroxychloroquine)がPPE(マスク、ガウン、グラブ)と一緒にバンバン全国の病院へ届けられているというのに、びっくりしました。

ファーストレスポンダー(救急車の人など)は、感染してなくても飲んだりしているようです。

NY州の知事クオーモも、薬は効果が出ているけれど・・・という感じです。

おそらく、重症化してしまったら、薬はまったくあてにならないではないかと想像します。

天気が良かったこともあり、NY州の週末はまた公園で遊ぶ人が出ているようです。

せっかく、横ばいになりつつあるのに、また増えないといいですね。

 

ところで、ネットスーパーの利用で、気になったことを少し書こうと思います。

現在、わが家に配達してもらえるのは、Amazon FreshとInstacartの2つです。

(わが家はダラス郊外にありますが、住んでいる場所によって、状況は異なるかもしれませんので、その辺りはご了承いただけると嬉しいです。)

 

Amazon Freshに関しては、だいぶ、商品の在庫が通常に近くなってきています。

ただ、商品の在庫が一番増えるのが、水曜日~木曜日っぽいです。

なので、注文するなら、週の真ん中あたりを狙うと、楽に買えるのではと思います。

でも、Amazon Freshの配達のスタッフが足りてないのか、まったく空きがありません。

マメにチェックするしかなさそうです。

(4月7日追加:朝早くアクセスすると空きがあります。早朝がねらい目かもです。)

 

Instacartの方は、空きは出てきますが、一番早くて金曜日(今日は月曜日です)です。

「Fast & Flexible」を選択すると、火曜日~金曜日で一番早い日時に配達してくれます。

ただし、以前も書きましたが、注文した日から、配達までの間に、商品は売り切れになりますから、注文通りの商品を手に入れるのは難しいと思います。

 

さいごに、アメリカの新型コロナウイルスに関して、正確な情報の入手方法をまとめです。

州、カウンティ、市のそれぞれの状況は、ツイッターで情報を得るのが早くて正確です。(ニュースは情報に偏りがあったり、嘘があったりします。ニュースがPPEが足りないと話していたら、ツイッターでその話が本当なのか確認するのがいいと思います。)

州、カウンティ、市からのオーダー(Shelter in PlaceやStay Homeなど)は、裁判所の書類が出ますので、その書類を読むのが一番正確です。

同じShelter in PlaceやStay Homeでも、州、カウンティ、市によって内容が異なりますので、必ず、目を通すようにしましょう。

州、カウンティ、市の情報は、公式ウェブサイトを探すと、COVID-19のページが用意されているはずです。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。