【アメリカ】NY州の状況は想像以上にシリアス

おはようございます!

 

今朝のNY州知事のクオーモの記者会見を観ました。

「人工呼吸器が足りません。以上。」

 

CNNでは、あと6日でNY州の人工呼吸器は底をつくと報道されています。

(何をどう計算して6日と言っているのかわかりません。CNNはフェイクニュースが多いので注意が必要なのですが、念のため、書いておきます。)

 

クオーモは、「あなたの州に新型コロナウイルスのピークが来たとき、必ず助けますから、今、新型コロナウイルスが拡散していない州の人は、リソースをシェアリング&シフティングに協力してほしい」ということを懇願していました。

GMやテスラなど、10社ほどが人工呼吸器を作ることになっているようですが、商品が出てくるのは、数か月後です。

 

また、PPEのマスクとガウンをNY州のために作ってくれる会社をNY州以外の州で募集してるということ。

すでにNY州では作れないそうです。

現状は、中国のアリババにビッドして、買おうと試みているようですが、値段が高いのもありますが、アメリカ中(世界中?)からビッドがあり、買うことが難しいんだとか。

 

昨日、ダラスカウンティでは人工呼吸器はあと残り約400台だとニュースで話していました。

 

明らかに、アメリカ中でPPEと人工呼吸器が不足しています。

 

アメリカでは、新型コロナウイルスに感染した人を除いて、まだマスクの着用はすすめられていません。

(CNNでそのようなニュースが流れていますが、expectedですから、正式ではないと思います。一部の地域でそのようなニュースが流れているところもあるようですが、ニュースではなく、州、カウンティ、市の正式な発表を確認したほうがいいと思います。ホワイトハウスの記者会見は、Youtubeで観ることができます。今は医療従事者の方々のPPEが足りない状況ですから、あくまでもそちらが優先になると思います。追加:4月3日の夕方のホワイトハウスの記者会見でサージカルマスクではないマスクならしてもいいんじゃない?と話してました。)

でも、外出するとき、マスクはしないより、したほうがマシなのは明らかです。

とりあえず、自分の分のマスクは自分で作ろうとパターンを探しました。

すでに、耳にかける部分のゴムは、どこを見ても売り切れです。

なので、すべて布で作るしかなさそうです。

布だけで作れるマスクで、参考になるのは、How to Sew a Face Maskです。(手縫いできます)

他には、立体のマスクは、【無料型紙あり】20分で完成!立体マスクの作り方が参考になります。

 

ちなみに、アマゾンなどで売られているのをみかけますが、買うのは控えましょう。

マスクが必要なら、針と糸と小さな布があれば作れますので、自作がおすすめです。

 

ところで、ジョンソンエンドジョンソンが新型コロナウイルスのワクチンを開発しています。

その開発は9月に完了し、早いと2021年の早い段階で、利用可能になるようです。

Johnson & Johnson Announces a Lead Vaccine Candidate for COVID-19; Landmark New Partnership with U.S. Department of Health & Human Services; and Commitment to Supply One Billion Vaccines Worldwide for Emergency Pandemic Use

最初は緊急に必要な人たちから使われるようです。

昨日、そのジョンソンエンドジョンソンのインタビューをみました。

今年の1月になって早々に、新型コロナウイルスを中国から提供してもらったそうです。

そして、SARSのとき、作ろうとしていたワクチンのデータが残っていたこともあって、他のところよりも早くテストが終わりそうなのだとか。

 

早くワクチンができて、亡くなる人が、一人でも少なくなるよう、祈っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。