【アメリカ生活】Sproutsの配達を利用してみましたが、在庫がなくて大変でした

おはようございます!

 

昨日(火曜日)のホワイトハウスの記者会見で、「15 Days to Slow the Spread」は4月30日まで継続すると発表がありました。

(トランプがイースターは家族で過ごせるようになるかもと発言したのは、アメリカ国民に希望を与えるためだったようです。https://www.npr.org/2020/03/26/821842052/dr-anthony-fauci-discusses-the-latest-coronavirus-facts

 

そして、やっとリアルな数字が出てきました。

アメリカの新型コロナウイルスの死者数です。

何もしなければ、死者数は150~220万人。

介入しても、10~20万人24万人です。

(これだけの人が新型コロナウイルスで死んでしまうのなんて、想像の範囲を超えていて、リアルな数字として受け入れることができないです。)

 

そして、こちらは1日の死者数の推移です。

ピーク時(4月15日を予想)は1日に2000人以上の死者数が出るようです。

 

ただし、この予想はあくまでもアメリカ全体が対象です。

州、カウンティ、市ごとに、ピークは異なるので、注意が必要です。

 

ところで先日、はじめてスプラウツ(Sprouts)の配達を利用しました。

スプラウツはインスタカート(Instacart)で配達してくれるのですが、今まで使っていたAmazon Freshとは、だいぶ様子が違いました。

 

というのも、Amazon Freshは、

  1. 商品をカートに入れる
  2. 配達の日時を決める
  3. 注文を完了する
  4. 配達される
  5. チップを設定する

のような流れです。

注文を完了する時点で、商品はすべて確保されます。

 

スプラウツのインスタカートは、

  1. 商品をカートに入れる
  2. 配達の日時を決める
  3. インスタカートのショッパーさんがスプラウツへ買い物へ行く
  4. カートの中に入っていても、在庫がないものは、別の商品に置き換えするか、リファンドするか、選択する。
  5. 配達される
  6. チップを設定する

のような流れです。

 

新型コロナウイルスが来る前は、3と4の作業は、ほとんど発生しなかったかもしれません。

でも先日注文した時は、半分ほど在庫がなく、3と4の作業に30分ほどかかりました。

配達していただくことは、とってもありがたいし、感謝の気持ちでいっぱいです。

でも、カートに入れた時点で注文できたような気持になってしまうので、注意が必要かなぁと思いました。

 

今日も、散歩とバイキング以外は、家で過ごしてます。

とにかく1か月、頑張ろうと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。