アメリカの新型コロナウイルス対策、緩くなりそうです。→なりませんでした

おはようございまーす!

 

(追加修正)3月31日のホワイトハウスの記者会見で、4月30日まで「15 Days to Slow the Spread」が継続されるとの発表がありました。州、カウンティ、市からルールが出ている場合は、そちらに従います。

 

アメリカの新型コロナウイルスへの対策は、先週の火曜日に「15 Days to Slow the Spread」ではじまりました。

それ以前に、それぞれの市やカウンティ、州のレベルでいろいろあったとは思いますが、「15 Days to Slow the Spread」が出た時点で、なんとなく、国レベルで統括してくれるのかなーと思ったのですが、違いそうですね。

15日が経った時点で新しいルールが出て、どうやら、アメリカの景気がこれ以上落ち込まないように、ルールは緩い方法へもどりそうです。

国レベルでのルールが緩くなるということは、州、カウンティ、市のレベルでルールが設定されることになります。

 

昨日NY州知事のクオーモが説明していましたが、今回の新型コロナウイルスの対策で10~15ビリオンのお金が必要になるのだそうです。

NY州は5ビリオンはなんとななるけれど、残りはどうにもこうにもならないんだとか。

また、議会で承認された2トリリオンのお金は、スモールビジネスや個人に使われてお金なので、州にとってはあまり関係ないそう。

 

2013年にデトロイト市が財政破綻しました。

今後、新型コロナウイルスの対策によっては、同じような起こる市、カウンティ、州が出てくる可能性があるということです。

ですから、自分の住んでいる市、カウンティ、州の状況を把握することは、すごく重要になってくると思います。

 

先週の火曜日からずっとテレビのニュースをはじめ、あれこれ観たり読んだりしてきて、思ったことですが、新型コロナウイルスにかかったとき、重要なことは2点ありそうです。

 

一つは、新型コロナウイルスになったら、可能な限り早く薬を飲んで、効果があるまで異なる薬を試すことです。

これは昨日ドクターファウチがFOXだったか、CNNだったかで話していたことですが、人によって効果がある薬が違うのだそうです。

だから、新型コロナウイルスにかかったら、その病院やお医者さんが第一候補にしている薬をまずは使います。

効果が出たら、そのままで。

効果が出なかったら、違う薬に変えて、効果のほどを確認します。

これを繰り返すしかないそうです。

 

もう一つは、人工呼吸器が足りているかどうかです。

新型コロナウイルスにかかって、症状が悪くなると、高確率で人工呼吸器が必要になるそうです。

そして、NY州知事のクオーモがFEMAへ懇願していることからもわかりますが、新型コロナウイルスでない患者が人工呼吸器を必要とするのは3~4日で、新型コロナウイルスの患者は11~21日です。

これが、死者が多くなる理由ですから、症状が悪くなって病院へ入院したとしても、人工呼吸器がなければ、助かる命も助かりません。

入院するさい、特にホットスポットになっているときは、その病院の人工呼吸器について、訪ねることが重要です。

 

アメリカでローカルな情報を得るには、

  • カウンティ

が出す情報をチェックするしかありません。

ウェブサイトを探して読むか、簡単な内容はFacebookやTwitterで情報を流しているはずです。

 

テレビは、

  • FOX
  • NBC
  • ABC
  • CBS

がそれぞれ、ローカルな情報を流していますので、それらの番組名の後に住んでいる場所を入力してぐぐると、ウェブサイトを観ることができるはずです。

私はFOXとNBCの両方チェックしています。

FOXはフェイクニュースはないような気がしますが、余計なことは言わない(隠す?)傾向です。

楽観的なニュースが観たい方は、FOXをおすすめします。

NBCはフェイクニュースが多いですが、情報が新鮮な気がします。

悲観的なニュースが観たい方は、NBCをおすすめします。

バランスよく観たい方は、両方観るしかないでしょう。

 

いずれにしても、できる限り、感染しないよう頑張りましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。