チキンライスでもも元気になる

3週間前のことですが、おじいちゃん犬のもも(11歳)がお腹を壊しました。

そして、なかなかよくならなかったので、獣医さんへ行くことにしました。

理由はわからずでしたが、薬を2種類、出してくれまして、あとはチキンライスを作るように言われました。

 

その後、ももは順調に快復して、薬も終わり、完治しました。

でも、チキンライスは続けています。

というのも、チキンライスがいたく気に入った様子で、毎日バクバク食べるのです。

今まで、ももは食べ物に執着が薄くて、食べさせるのに苦労してきたので、その食べっぷりを見ていると嬉しくなります。

 

ちなみに、チキンライスの作り方はすごく簡単です。

玄米3合に、一口大に切った鶏むね肉を3枚分を入れて、炊飯器で炊くだけです。

(作り方は、私が勝手に考えました。ネットでは、白米2合に鶏むね肉一枚と書いているものもあります。正確なところは、獣医さんに聞いてくださいね。)

 

 

そのチキンライス、3合炊いても、なんと、1.5日で食べてしまうのです。

「ちょっと食べすぎでは?」と心配になりますよね。

 

そこで、調べてみたのですが、ももの体重は30kgほどあります。

30kgの犬に必要なカロリーは、だいたい1700kcalほどなのだそうです。

 

玄米のカロリーは1合で460kcal、鶏むね肉のカロリーは1個あたり400kcalです。

そうすると、炊飯器で1回にできるチキンライスは2580kcalになります。

 

ということは、1.5日で食べても大丈夫ということです。

 

なんでこんなことを書いているのかというと、最近のもも、すごく元気なんです。

以前はよく寝るなぁと思っていたけれど、寝ている時間が減ってきてる気がします。

体つきもガッチリしてきました。

毎日、鶏むね肉を2枚食べていることになるので、そりゃそうですよね。

 

そういえば、少し前、手作りごはんを作っていたときも、なんか、元気だなーと思ったことがありました。

 

ドッグフードが悪いということではないと思うのです。

でも、チキンライスは胃腸が悪いときに食べさせるものだから、ドッグフードとくらべると、体に優しいのかもしれません。

ちょっと、最近元気ないなと思ったら、チキンライスがいいかもです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。