もも、オポッサムと戦い負ける

昨晩遅く、ももが庭へ出たり入ったりを繰り返してました。

いつもはそんなことがないので、どこか具合が悪いのかと思い、一緒に庭へ出てみました。

 

すると、なんとオポッサムが1匹、ちょこんと座っているではないですか。

「これはマズイ」と思った時には遅く、ももがオポッサムと喧嘩をはじめてしまいました。

「出ていけ!」と攻撃するももと、「いやだ!」と歯をむき出しにするオポッサムの戦いです。

 

私は、ももを止めようとするのですが、こういうときのももは、すごいです。

体に力が入っているのでしょう、おじいちゃんなのに、筋肉がムキムキしているのがわかります。

 

それでもなんとか、ももの体を抱きかかえて止めて、そのまま押して、家の中に入ってもらいました。

その後、夫婦でそれぞれ、ほうきとちりとりを持ち、ギーギー言いながら怒っているオポッサムを、庭から押し出しました。

 

ほっとして家に戻ると、今度は、家の中に血がボタボタ落ちてます。

ももを見ると、右足から出血してました(T_T)

 

翌日、例の獣医さんに連絡をすると、傷が見たいということで行ってきました。

熱はなく、傷はいまのところ大丈夫とのこと。

でも、これから腫れてくる可能性もあるから、その場合は切開して中をすべて消毒しないとダメなのだそうです。

「ひぇ~!」と思っていると、一応、アンチバイオティクスはくれました。

でも、ばい菌の種類が多すぎて、対応できないかもしれないそうです。

そして、狂犬病の予防接種は今年の8月に切れるのだけれど、念の為ということで、新しいのを打たれました。

 

若かったら、これくらいのことで病院へは行かなかったと思うけど、さすがに11歳にもなると、免疫力も落ちてきているだろうから、薬の力を借りないとですね。

傷が早く治りますように!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。