安いUSBソケットは炎上するみたいです。

この前のサンクスギビングあたりのことです。

ブログ用の写真データが増え、ハードディスクがパムパムになってしまいました。

バックアップ用のハードディスクにデータを移動して、パソコンのハードディスクは軽くなったのですが、今度はバックアップ用のハードディスクの方が満員御礼になってしまったのです。

そんなときに、コストコで5TBのハードディスクが売られているのを発見しました。

スマフォを値段を確認すると、コストコの方が安かったので、買って帰ってきました。

でも、今見たら、ほんの2ヶ月弱で20ドルも値下がりしてました。

パソコン本体もそうですが、パソコン周辺機器も値段のアップダウンが激しくて、たまに嫌になりますね。

 

そのハードディスクなんですが、接続はUSBです。

そのUSBの中でも、今回のハードディスクはUSB 3.0が搭載されています。

私が使っているMicrosoftのSurface Pro4もUSB 3.0が搭載されています。

なので、直接接続する分には問題ないんですが、他にもUSBを使っているのでUSBのハブが必要になります。

そんなわが家にあるUSBのハブは、USB 2.0です。

USB 2.0とUSB 3.0を比べると転送速度は10倍も違います!

そこでUSB 3.0のハブを買いました。

写真の左が古いハードディスク、真ん中が5TBのハードディスク、そして右がUSB 3.0のハブです。

 

ところでUSBといえば、最近は車の中でUSBを使う方多いと思います。

車にUSBの口があればいいのですが、口がないと、シガーソケットをUSBで使うソケットを買うしかありません。

そのソケット、安物は買ったら危ないようです。

というのも、以前車に盗難防止のアラームを付けてもらったとき、そのお店のお兄さんがわざわざ教えてくれたのです。

そのお兄さん、なんと車の中で炎上したんですって!

怖いですね~。

わが家には、その道のプロがいるので家に帰って聞いてみたら、安いソケットがどう作られているのかを想像したようで、考えただけでも恐ろしいと言ってました。

危ないと思われるお値段は、2~3ドルの製品です。

最低でも5ドル以上、10ドル前後であればおそらく大丈夫そうです。

 

 

 

今回買ったのはこちらの商品です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。