ガーベージディスポーザルを取り外しちゃいました

昨年のことですが、コストコでアサリを買いました。

粒は小さめだったのですが、お鍋に入れても、酒蒸しにしても、アサリダシがたっぷり出てすごく美味しかったのです。

 

ところが、一粒だけ逃亡して、ガーベージディスポーザルの中は入ってしまってました。

それに気づかずスイッチをオンにしたら、ガリガリ!と音がして、止まってしまったのです。

慌てて手を入れてアサリを取り除いたのですが、時既に遅しでした。

うんともすんとも言いません。

 

壊れてしまったものは仕方がないので取り替えるしかありません。

でも実は、ガーベージディスポーザルってあまり使わないのです。

カスが残ってニオイが出るのと、そのニオイ対策に洗剤を使うのでお金もかかります。

 

そこで、「いっそのこと、ガーベージディスポーザルを取り外してしまっては?」ということになり、夫がDIYしてくれました。

右側のシンクの下にディスポーザルがあったのですが、それを取り外しました。

そして、ディッシュウォッシャーの排水が流れる用のパイプをつけて、ウォーターフィルターようの接続もして、パイプを繋げて完成です。

 

参考にしたのはこちらの説明です。

材料はすべてLowe’sで揃いました。

そしてSink Drainは、取っ手をくるくる回すと水が流れなくなるものにしました。

よく、野菜を洗う時にシンクにお水をためることがよくあるのですが、しばらく置いたら水がなくなってた!なんてことがあったので、これだと、しっかりと締まってくれますから、そういうことがありません。

 

そのLowe’sで気づいたのですが、ガーベージディスポーザルにモノが落ちないようなストッパーが売られてました。

どれくらいのものまで落ちないのかはわかりませんが、少なくともカトラリーには安全そうです。

 

というわけで、ガーベージディスポーザルがなくなって、スッキリしました(笑)

 

 

 

ディスポーザルに物が落ちないようにするのはこちらです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。