包丁の代わりになるほどよく切れる。キッチンバサミ。

2019年最後の日ですね!

わが家の大晦日は毎年同じです。

ももを洗濯して、人間も洗濯して、鴨鍋を作って、シャンパン飲みながら鴨鍋食べて、CNN New Year’s Eveを観ながら飲んだくれて、夫は年越し蕎麦を食べて、眠くなるのを我慢しながら年越しして、年越したら10分もしないうちに速攻で寝ます(笑)

 

さてさて、今年はキャンピングカーで小旅行をするようになりました。

そこそこのサイズの冷蔵庫があるので、冷蔵庫を満杯にして行くと1週間は買い物なしで生きていけます。

でも、排水のタンクはそんなにサイズが大きくないので、できるだけ水は使わないようにしないといけません。

 

最初はまな板と包丁で材料を切っていました。

でも、しばらくするとハサミを使うようになりました。

理由は、まな板を洗うとき、結構な量の水を使うからです。

ハサミはまな板を使わないので、その分、お水の節約ができます。

 

そんなある日、ハサミを使って調理している時気づいたことがあります。

それは、「このハサミ、よく切れるなぁ」ということです。

以前からよく切れるハサミだとは思っていたのですが、あれこれ食材を切っているうちに、なんでも切れるんだとわかりました。

生のお肉って切るの大変なことがあると思うのですが、特に筋と脂肪があると何度もシャキシャキ動かさないとダメだったりします。

それがこのハサミだと、スパーンッ!と1回で切れちゃいます。

 

使っているのはこんなハサミです。

OXOのキッチンバサミで、真ん中にハーブの葉の部分だけそぎ取る機能がついてます。

 

1個めはKrogerで買って5年以上使いました。

そして、1個めはキャンピングカーに置くことにいて、2個めをAmazonさんで買いました。

2個めは自宅で使っています。

 

そんなOXOのキッチンバサミですが、ゆいいつの欠点は、

  • 切れすぎるので危ない

ということです。

お肉がスパーンッ!と切れるほどなので、人の手もスパーンッ!と簡単に切れます。(←経験者)

ご本人はもちろんですが、お子さんやお年寄りと一緒に生活されている方は要注意です。

 

 

 

今回買ったのはこちらの商品です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。