Amazon.co.jpはアメリカの住所でも利用できます

ブラックフライデーと言えば早朝からお店に並ぶ人たちがニュースに映し出されるような年に一度のお祭り騒ぎでしたが、ブラックフライデーで格安で手に入れたものをネットオークションで売り、そのサヤで儲ける人が登場したので、お店側はサイバーマンデーで対抗するようになりました。そのサイバーマンデーが当たり前になると、それ以降は実店舗もネットもブラックフライデーよりだいぶ早い時期にセールを始めるようになり、激混みの中買い物をする必要がなくなり楽ですが、反対にいつ買えば一番安く買えるのかがわからなくなり、得なのか損なのかよくわからなくなってしまいました。

私はアマゾンが大好きで日本に住んでいた2002年から利用しているのですが、アメリカに引っ越してきたのが2006年末で、そこからは日本のアマゾンとアメリカのアマゾンと2つ並行して利用してきました。そのことをブログにもよく書いているのですが、案外と知られていないのが、

  • アメリカの住所で日本のAmazon.co.jpにアカウントを持つことができる

ということです。最初はメールアドレスの登録のみでアカウントを作ることができて、お金を払う場面になって初めて住所を入力することになります。支払いはクレジットカードが利用できるので、お金の面も問題ありません。食料品は海外発送できないものがほとんどですが、電化製品をはじめ、本や雑誌、生活雑貨などはアメリカへ直送してくれますし、事前に関税の見積もりも計算してくれるようになったので、とっても便利です。

ただ注意が必要なのはデジタルコンテンツです。例えば日本のプライム会員になってもアクセスするのがアメリカからだと、限定されたものしかダウンロードできないようになっています。

ブラックフライデーにアメリカのアマゾンで買うのもいいのですが、年に1回のご褒美に、日本のアマゾンのブラックフライデーやサイバーマンデーを利用するというのもいいですね(*^^*)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。