アメリカでホーム(日本)シックになったら

今日は感謝祭ですね。アメリカに家族や親戚がいないわが家は、毎年自宅で夫婦揃ってまったりと過ごします。渡米直後はターキーを焼いたりしていましたが、夫婦2人だと残ったお肉を冷凍しても、そのまま翌年の感謝祭までそのままということがあったので、それ以来焼かなくなってしまいました。最近はホールチキンを焼いて適当に済ませています。でも今年はなんとなくターキーが食べたくなり、昨日コストコ(Costco)へ行ってみました。するとカットされたターキーが焼くだけの状態で売られているのを発見しました。ターキーの片側の胸肉に、いつもコストコがお肉の味付けに使うスパイスが振りかけられていて、その下にはスタッフィングが敷かれてます。もう一つのアルミの容れ物には、マッシュドポテトとグリーンビーンズとバターが入ってます。夫婦2人で食べるにはちょうどいいサイズで、お値段は30ドル弱でした。そんなわけで今年の感謝祭はターキーをオーブンで焼きながらアメリカンフットボールのカウボーイズの試合を観戦し、試合が終わったあたりでターキーディナーを食べることになりそうです。楽しみ!

 

さて今日は、ホームシックについて書こうと思います。昨日のブログでも少し触れましたが、私はアメリカ市民権を取得した直後、ホーム(日本)シックになりました。とにかく日本に帰りたい気持ちがマックスになり、もし今日本へ一時帰国したら二度と戻ってくる気持ちが起きないのではないかというくらい気持ちが日本に向かっていました。たぶんですが、アメリカ市民権を取得したことで気軽に日本へ帰れないと思うと、余計に帰りたい気持ちが募ったのではないかと思うのです。専業主婦で時間がたくさんあり、余計なことを考えてしまう時間がたっぷりあったというのも原因だったかもしれません。

(↓ここから先は私がネットで調べた物で不正確な情報かもしれません。正確な情報はかならず専門家に問い合わせてくださいね!)

参考までに、アメリカ人が日本に滞在できるのはビザ無しで90日まで許可されています。90日もあれば大抵のことはできますから、まったく問題ありません。

また、アメリカ市民権を取得したあと日本人に戻りたくたくなったとき、帰化申請をすることができます。帰化申請とは外国人が日本の国籍を取得することですが、その帰化申請には普通帰化と簡易帰化の2種類があり、元日本人の場合は簡易帰化の手続きを取ることになります。普通帰化では日本に5年以上生活していることが条件ですが、簡易帰化ではそれが1年以上に緩和されるので、在留資格を取ってとにかく1年以上生活ができれば帰化申請は可能です。

ただ、家族や親戚、友達が日本にいて、在留資格を取る手続きを手伝ってくれる場合はなんとかなるようですが、あちこち読んだ感じたと、必要な書類が多く、手続きはかなり面倒な作業になるようです。また、アメリカ市民権を取得したのに日本国籍の喪失届を出さず、二重国籍の状態で日本のパスポートを使用していたなど法律的な違反があると許可されないことがあるようです。実は過去、二重国籍の状態でも大丈夫と話している人が結構な数いたので、その度になんとも言えない気持ちになっていましたが、アメリカ市民権を取得したらすぐに喪失届は出した方が良さそうです。

(↑ここまでは私がネットで調べた物で不正確な情報かもしれません。正確な情報はかならず専門家に問い合わせてくださいね!)

話を元にもどしまして、アメリカ市民権を取得しても90日は無条件で滞在できるし、帰化申請も手続きは面倒かもしれないけれどきちんと手順を踏めばなんとかなりそうだし、心配することはありません。それでもホームシックにかかってしまったわけです。

そこでご紹介したいのが、私がホームシックになったとき効果があったなぁと思うことです。

それは、兎にも角にも、

  • 日本語に囲まれること

でした。

それまでは、アメリカに暮らしているのだから日本語の情報やテレビを観ても意味がないと思っていたのです。だから、普段口にするのはほとんど日本語なのに、受け取るのは英語だけでした。でも、一時期英語を聞くのも嫌になるほどだったので、おそらく日本語を必要としていたのだと思います。テレビジャパンを申し込んでテレビをつけるとテレビジャパンから日本語が流れるようにしました。お金はかかりますが、日本語の本や雑誌を手に入れて読むと癒やされました。あとは日本語を話せる友達と会って話すのも、気持ちがスッキリします。食事は和食を中心にアジア系の物ばかり食べて、食材もアジア系スーパーばかり利用してました。

そんな生活を半年ほど続けていたら、足りてないものが満たされたような気持ちになったのです。足りてなかったものは日本語で、私の場合は10年くらいかけて少しずつ減っていったのだと思います。一度満たされると、そこからはホームシックはなくなって、同時に日本に帰りたい気持ちも収まり、アメリカに住むことも英語を話すことも嫌ではなくなりました。もしかしたら、また英語ばかりの生活を10年くらい続けると日本語不足になるかもしれないので、その時はまたテレビジャパンなり、ネットのストリーミングを使うなりして日本語を補えばいいかなと思っています。

日本語不足を感じたら、日本語を補うという自分メンテナンス、忘れないようにしたいです(*^^*)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。