ミシン

おはようございます、青海苔でっす!

 

40代に差し掛かった辺りからだったと思います。

似合う洋服を探すのが大変になりました。

加齢に加えて、田舎に住んでいたのでそもそも売られている洋服が少ないこと。

アジア人の肌に合う色の服がほとんどないこと。

気温の高い場所に住んでいるので、リネン100%の素材を探したけれど見つからず、見つかっても高額すぎて買えなかったこと。

いくつもの要素が重なって、洋裁に興味を持ちはじめたのが2010年頃でした。

 

ただ、興味を持っただけででは、洋服って作れるようになりませんよねー。

洋裁を教えてくれる教室があればよかったのですが、そんなものはなく。

独学でただひたすら本を読んで、作ってみるの繰り返し。

 

どんなことでもそうですが、最初は酷いものばっかり出来上がりました。

布選びやサイズの失敗はもちろん、自分に似合うと思ったのに、着てみると似合わなかったり。

 

やっと最近です。

ギリギリ外に着ていけるものができるようになったのは。

 

そんな中、今一番重要だと思っているのが、アイロンとミシン。

 

住んでいる場所柄、リネン素材を使うことが多いのですが、リネンはすぐにシワになるので、とにもかくにもアイロンが重要。

ピシッとした状態で作っていかないことには、仕上がりもピシっとなってくれません。

 

またミシンは、値段が高いから綺麗に縫えるのではないのですよねー。

いかにその布に合った調整ができるかが肝なのだと気づきました。

 

現在使っているのは、こちらの2台。

アメリカで一番最初に買ったのは、600ドルほどするミシンでした。

お店の人に言われるがまま買ったもので、スティッチの種類が多かったです。

でも、写真のミシンはどちらも200ドルしなかったので、合わせても400ドル以下です。

 

右側はストレートスティッチ用のミシン。

厚めの生地が縫えるHeavy Dutyタイプで、とてもパワフル。

デニムやレザーはもちろん、普通の厚さの生地も縫うことができます。

左はロックミシン。

布端の処理や、ニットなどに使います。

 

右のHeavy Dutyタイプは2018年に、左のロックミシンは2014年に買いました。

どちらも単機能で、一切コンピュータ化されていませんが、洋服を作るにはこの2台で十分すぎるほど。

 

どんなこともそうですが、高い物が良いものではなく、自分に合った物が良いものなのですよね!

 

 

 

参考までに、私が持っているミシンは以下の2台です。

読んだよ!の印にポチッとしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
ミシン洋裁
青 海苔をフォローする
のんびり暮らす

コメント