取捨選択

こんにちは、青海苔でーす(^_^)

 

今日から10月のはじまりですねー。

こんなことあまり考えたくないけれど、今年はあとたったの3ヶ月しかないんですよね。

2019年になったのは、ついこないだじゃなかった?!と思うのは私だけでしょうか(T_T)

 

さてさて。

年を重ねると時間の経つのがマッハに感じるようになりましたが、同時に、取捨選択の機会も増えてきました。

50年生きてきた中で一番大きな取捨選択は、糖質オフの食事にしたこと。

大好きな甘いものが食べれなくなるのは断腸の思い(大げさ?)でしたが、それによって健康になれればいいなーと。

 

最近もう1つ取捨選択を迫られているのは、白髪染め。

もう、グレーヘアーにしてしまいたい!

でも50歳でグレーヘアーにしてる人、見たことありません。

どーんと老けて見えてしまうからでしょうかー。

ただ、ここが私の悪いところなんですが、審美的欲求度がすごく低いのです(^_^;)

「美しくなりたい!」とか、「老けたくない!」とか、そういう気持ちがほとんどありません。

日焼けしてもあまり気にしないし、シミやシワがあっても、まぁ、50歳だし、こんなもんよねと納得してしまう方。

 

先日も、

という記事を読み、

  • 男性はいくつになっても20代の女性が好き

という現実にガックリ。

薄々気づいてはいたけれど、絶対そうだという確証もなかったし、いまのところ、恋愛をする予定もないので、考えたことなかったんです。

 

ただ、となると、過剰にお金を使ったり、無理をして綺麗になる意味を見いだせないんですー。

女性が美しくなることは、男性からの視線を気にすることだけが目的ではない。

私もそう思います。

となると、女性同士の視線を意識するから綺麗になるのか。

あるいは、自己満足のために綺麗になるのか。

あるいは、気分を上げるために綺麗にするのか。

 

今は亡きスティーブ・ジョブズのシンボルが黒のタートルネックだったように、普段着の制服化や、仕事もプライベートもTシャツしか着ないという若い人も増えてきましたよね。

効率化だけを考えると、そんな生活は味気ないものになってしまうかもしれません。

でもそんな生活の中に、1つでも思いっきり楽しめる何かがあれば、それだけで十分幸せになれそうな気がするんです。

 

50歳でグレーヘアー、どう思いますか?

もう少し悩んで、決めたいと思います。

読んだよ!の印にポチッとしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
生活
青 海苔をフォローする
のんびり暮らす

コメント