疲れない体

こんにちは、青海苔でーす( ´ ▽ ` )ノ

 

昨日少し書きましたが、私はローカーボダイエットをしています。

格好いい50代を目指せ!

が理由だとよかったんですが、悲しいことに理由は糖尿病予防。

毎年の健康診断では、空腹時血糖値を測っていますが、値はいつも、正常値。

なので、病院で診断はもらってません。

でも、今どきは自宅で検査できるキットがわんさかありますから、それらを使って確認したところ、多分、境界型糖尿病か2型糖尿病(T_T)

このまま放置しておくと、糖尿病性合併症になりそうなので、やむを得ずローカーボダイエットに切り替えた次第。

 

で、このローカーボダイエット。

はじめたのは2017年で、甘いものは一切食べないようにしました。

でも最初は、砂糖依存症とでもいいましょうか。

とにかく、甘い物が食べたくて食べたくて仕方がなかったです。

たまに我慢できずに食べてしまうのですが、想像していたほど美味しさを感じないのです。

1年ほどで、全く甘い物に対する欲求はなくなりました。

 

炭水化物も一切食べないようにしました。

こちらも砂糖と同じで、ご飯や麺類、食べたくて仕方がなかったです。

でも食べてみると、そんなに美味しくない。

こちらも1年ほどかかって依存症から抜け出せました。

 

そして、ローカーボダイエットと同時に始めたのが、高タンパク食。

アホさ加減を晒すようですが、おにぎりやうどんなどの炭水化物と少しの野菜を食べていれば十分栄養あると思っていたんですねー。

だから、かなり長いことタンパク質が足りてなかったと思います。

それを急にタンパク質ばかり食べたら、体がタンパク質を受け付けてくれないんです。

胃がもたれてもたれて、毎日大変でした(^_^;)

特に最初の3ヶ月が辛く、肉や卵を見るのもイヤ。

何度も挫折しそうになりました。

 

そして2年以上続けた結果、色々な変化がありましたよー。

まず、イライラするということが、ほぼなくなりました\(^o^)/

これは夫も驚いてます。

あと、疲れない体になりました。

以前は家事をするだけで疲れてました。

人に会うのも疲れるので、週に1回以上は人と会わないようにしていたほど。

それが今は、家事はもちろん、キャンプに行っても全然平気。

車の運転もまったく疲れません。

人と会うのも疲れません。

他にも色々な変化がありました。

 

これは私の勝手な想像ですが・・・。

疲れにくい体になったのは、糖質制限をしたことで血管と血液の状態が良くなったのではないかと。

それまでの私の血は糖まみれでドロドロー、ネバネバーたったとおもいます。

だから栄養も酸素も運ばれず、すぐに疲れてしまったのでしょうねー。

イライラしなくなったのは、高タンパク食をしたことでセロトニンの分泌が増えたのではないかと。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれるほど幸福感を左右するものですが、そのセロトニンの分泌にタンパク質は欠かせないと言われてます。

だから、

  • タンパク質なしでは幸せにはなれない!

をスローガンに頑張りました。

 

そんなわけで、いまのところ調子はすこぶるいいので、今後もローカーボダイエットと高タンパク食を続けるつもりでーす!

ただ、この食事療法はすべての方に合うものではないと思うので、そんな人もいるのねくらいの感じで、ご理解いただけると嬉しいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。