利害関係

こんにちは、青海苔でーす(*^^*)

 

昔々、私が10代とか20代の頃。

そこそこ年配の方と話しをすると、「若い人と話すと元気もらえるわー!」とよく言われました。

元気の部分は、エネルギーとか、エキスとか、オーラとかに置き換わること多々あり。

みなさんはそんな経験はありませんか?

 

50歳になった今、若い人と関わる機会はまったくない生活をしています。

でも、キャンプに行くようになって、もも(犬)を見て子供たちが話しかけてくれるのです。

ももをなでなでしたいけど、怖い子供。

ももに思いっきりハグしようとして、親に怒られる子供。

ももの名前を「もーもー」と牛のように呼ぶ子供。

そんな様子を見ていると「なんか、かわいいーなー、もう!」って感じ(笑)

そして子供たちと別れたあと、元気度が少し上がっている自分に気づくんです。

やっぱり、自分より若い人と話しをすると、エネルギーもらえるのかしら?!

なーんて思ったりして。

 

ところがキャンプには、結構な数の完全リタイアされたと思われるシニアな方々も来られてて、ちょくちょく話しかけられます。

つたない英語で話しをするのですが、そんな方々と別れたあと、嫌な気分になったことはまったくなし。

元気をもらうという感じではないけれど、気持ちが癒やされるような感覚になります。

 

そこで思ったのは、年齢とは関係なく。

利害関係のまったくない人達と話しをすることって、気持ちをリフレッシュするのに役立つのかも。

思えば普段、気を使ったり、遠慮したり、話す内容を選んだり。

小さな脳味噌であれこれ考え、ぐるぐる渦巻いているんですよね。

そんな状態から、解放される時間。

 

旅の恥はかき捨てなんていうけれど。

2度と会うことはないような人との会話は、感情の赴くままに、楽しんだらいいのかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。