キャンピングカー買ってよかった(TOT)

こんにちは~、青海苔です(^o^)

かれこれ20年前のことですが、日本で夫と2人よくキャンプへ行きました。当時は海釣りが趣味で、朝早く自宅を出て釣りをしてテントを作って夜ご飯を作ってーと、それはそれは大忙し。

そして先月アメリカでキャンピングカーを買いキャンプをはじめたのですが、とにかく時間に余裕があり心底買ってよかったーと思ったのでした。

そこで今回はその理由について書きたいと思います\(^o^)/

キャンピングカーを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです(*^^*)

バンタイプのキャンピングカーとは?

まず最初に、わが家のキャンピングカーはバンタイプです。

アメリカではキャンピングカー(モーターホーム)はクラス分けされていまして、バンタイプはクラスBで一番小さなサイズになります。

設備は、ベッド、キッチン・ダイニング、バス・トイレつき。こんな見た目です↓。

具体的な商品名は2019 Winnebago Travato59GLで、サイズは

  • 長さ=640cm
  • 幅=205cm
  • 高さ=284cm

のようになっています。

(日本のTravatoはウィネベーゴ トラバト 2018年モデルがあるようです)

キャンピングカーは時間が節約できる

とにもかくにも、キャンピングカーはテントを張る必要がないんですよねー。

日差しが強くても、雨が降っても、オーニングと呼ばれる布製の屋根を広げるだけ

ボタンを一つポチッと押せば終わり(*^^*)

そしてオーニングの下に椅子とテーブルを置けば、それだけでキャンプがはじまります\(^o^)/

(写真はオーニングを開いただけの状態です。ピクニックテーブルが備え付けなので椅子とテーブルはなしでのキャンプの様子。)

時間が節約できるのはキャンプのはじまりだけではありません。キャンプが終わってからの撤収作業もボタンをポチっと押してオーニングを閉じるだけ。

テント時代は、テントを作って、テントを撤収して、家に帰ってからも、テントにカビが生えないように綺麗に拭いて乾燥させてから袋詰。この作業がなくなっただけでも万々歳ヽ(=´▽`=)ノ

キャンピングカーはスペースが節約できる

キャンピングカーそのものは決して安い買い物ではありませんが、一度買ってしまえばあとはほとんど何もいらないようです。

というのも、必要なものは家の中にあるものを持ち出せます(^o^)v

例えば食器ですが、陶器製のものが使えます。

「割れるのでは?」と心配される方もいると思いますが、食器の底の部分(高台)にチューブで売られているシリコン樹脂を塗ったら全く問題なし!滑ることもなく、割れることもありませんでした。ガラスのコップはハンドタオルに包んでいきましたが、次回は仕切り付きのケースに収めるつもりです。

料理はキャンピングカーについているコンロを使えますし、カセットコンロがあればみんなでお鍋を囲むこともできますねー。

電気が使えるので、ホットプレートや電気圧力鍋なんかも使えるはず。今後長旅をするときはアメリカで爆発的なヒット商品である「インスタントポット」を持ち込みます。インスタントポットは、圧力鍋、蒸す、炒める、煮るができるマルチ調理機で、日本ではパナソニックから同じような商品が出ているようです。これがあればどんなレシピも作れます。

寝具ですが、キャンピングカー専用の物は特に必要ありませんでした。寝袋は不要だしテントマットもいりません。

家で使っているものを持ち出すか、スーパーで普通に売られているもので十分。

 

ちなみにテントを筆頭にキャンプ道具は重いしスペースも必要です。

そしてコンパクトにしようとするあまり道具を買い替えたり拘ったりして、さらにキャンプのために車を買い替えてしまうなんてことになったら目も当てられません。

わが家はキャンプのためにスバルのレガシーを買った経験ありだったりします(^_^;)

犬がとにかく嬉しそう

今まで旅行するときは犬をホテルに預けてました。わがままに育ててしまったせいか、ホテルだとご飯をあまり食べないんです。だから迎えに行くとカリカリに痩せてでてきます。それがなんとも不憫でねー。

でも、キャンピングカーがあれば旅行はどこでも一緒に行けるし、健康管理もできるし、安心なんです。

それに、犬が明らかに楽しそうな顔をしていたので、あー、犬も楽しいってわかるんだなーと。

本当は先月虹の橋を渡ったさくらも連れてきたかったけど、そのぶんももとの時間を大事にしたいと思ってます。

夫がっ!

そして最後に夫のこと。

男性はみんなそうなのかもしれませんが夫はとにかく仕事虫。平日も週末もずーっと仕事の事を考えてます。暇さえあればスマホを見て、気がつけば新しい製品企画や特許のアイデアを練ったり技術書を読んだりしてる感じ。

それがキャンプに行ったら夫が働く働く(笑)スマホはたまーに見てたけど、でも炭火を起こしたりキャンピングカーをチェックしたり今まで見たことない夫が登場!

ももも相当楽しそうだったけど、夫もそれ以上にたのしそうだった(≧▽≦)

私ももちろん楽しかったんだけど、夫が本当に楽しそうな様子を見てたら、買ってよかったーって心の底から思えたんです。

 

そんなわけで、キャンピングカーを買ってたった一回のキャンプで満足度200%くらいいきました。

これからもキャンピングカーであちこち行って楽しもうと思いまーす(^o^)v

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。