キャンピングカーに犬を乗せる方法

こんにちは(≧∇≦)/

キャンピングカーがきてから、キャンピングカーのことで頭がいっぱいです(笑)

というのも、週末にそんなに遠くないRVパークの予約をしてしまったのです。だから、それまでにキャンピングカーの使い方をマスターせねばなりません( ̄ー ̄)b

とにもかくにもエアコンです。高齢犬のももがいるので、気温が35℃前後まで上がる中、エアコンを連続稼働させないとです。

今日はソーラーパネルから電気を充電してまーす。

 

あとはももをキャンピングカーにどのように乗せるかも問題。

車に犬を乗せる方法は色々あると思います。私は安全性を重視したいので、クレートまたはケージを車に固定するか、犬用シートベルトをつけるかのいずれかの選択を考えました。

一番簡単なのは、普段使っているクレート(Xサイズ=横106 cm x 縦70 cm x 高さ76 cm)を持ち込むこと。でも、キャンピングカーを見てわかりました。重いものを固定できるような装置は一切なし。

 

仕方なくプランBに。

ももに犬用のシートベルトをしてもらうことにしました。

買ったのはこちら。

RUFFWEAR LOAD UP™ HARNESS

RUFFWEARは10年くらい利用してきましたが、どれも丈夫でまったく壊れません。

なので、この商品も安全性に問題はないと信じてます。

 

そしてももに座ってもらうのは、運転席の後ろのダイニングエリア。ここのシートはシートベルトがついてます。

ただ、この隙間に乗せると、事故ったときにテーブルにぶつかる可能性があります。

そこで、このダイニングエリアはセカンドベッドにもなるので、平にしちゃいます。

運転席の後ろにクッションを入れているのは隙間が空いているからなんですが、本来ベッドにするときは運転席を後ろにスライドさせて使います。

このまま、シートの上に乗ってもらえばいいんですが、爪でシートを傷つけると思い、犬用ベッドを置いて、その上にももを乗せました。すると運転中、ベッドごとももが手前に滑り落ちちゃった(笑)

今日はウォルマートへ行って滑り止め付きのバスマットを買ってきて乗せてみました。

これだと滑らず落ちることはなくなりました。シートベルトの出口をカッターで切って、バスマットの下から通して完成。

 

なにやら、ももが一番広くて良い場所を使ってますが、普段癒やしをたくさんもらっているので、仕方ないですね(笑)

読んだよ!の印にポチッとしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
キャピングカー
青 海苔をフォローする
のんびり暮らす

コメント

  1. 木下知美 より:

    こんにちは。
    キャンピングカーの購入おめでとうございます!特等席のももちゃんといっぱい時間が過ごせていいですね。

    ところで随分前に茗荷の根っこを購入された北澤商会さんを教えていただいたのですが、ぼやぼやして庭の準備をしていたら取り扱いやめてしまったそうなんです。もしまだ育てていらっしゃったら、青海苔さんのところから購入することは可能でしょうか?

    週末のキャンプ楽しんでください!

    • 青 海苔 より:

      木下さん、こんにちは~&ありがとうございます~。みょうがの苗、残念でしたね。でも、販売するのは考えたこともありませんー。申し訳ありません。どこかで見つかるといいですね!

  2. 木下知美 より:

    お返事ありがとうございます。
    今日は雨で外でも過ごしやすそうですね。
    ナショナルパーク制覇、楽しみですね!
    気をつけて満喫してください。