ハンドメイドのキャンピングカー inアメリカ

こんにちはー。

昨日はキャンピングカーの引き取りに行くはずが、まさかのドタキャン_| ̄|○

理由はウォーターヒーターが動かずメーカーに問い合わせしているから(^_^;)

暑い中売れずに1年間放置されてきたキャンピングカーだし、クリアランスで安かったし、こんなもんですよねー。

新しい引き取り日は来週の火曜日。

でも怪しいので、次回は電話で事前に確認してからお迎えに行こうと思いまーす!

 

さて、今回わが家が買ったキャンピングカーは、アメリカで売られているWinnebagoのTravatoの2019年モデル。2020年モデルは今月から店頭に並びはじめてます。

そんなWinnegaboですが、正規代理店が日本にもあるんですねー。

場所は千葉県のようです。

そして、Travatoも取り扱っていて、2018年モデルですが売られてます。

日本には温泉や銭湯があちこちにあるのでシャワーは必要ないかもしれませんが、万が一のためにトイレはあった方が便利ですよね。

 

最近はキャンピングカーをDIYで作ってしまう方も増えていますが、日本は軽トラックタイプが多いのかな?

アメリカでは、ピックアップトラックやToyotaの4Runnerを改造する人もいるようですが、圧倒的に多いのはVAN(バン)を使うパターンでしょうか。

使われるVANで代表的なのは、

の5社。

DIYするためのパーツはこんなネットショップがあります。

DIYの自信がない方は、内装をカスタムメイドしてもらうサービスもあります。

 

実は私も、VANを買ってDIYしようと思ったんですが、夫に必死の形相で止められ、諦めました。もっと若くて器用な人間だったらDIYでキャンピングカーしてたかもー(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。