キャンピングカー(RV)の維持費 inアメリカ

こんにちは。

今年のダラスは、もう7月も終わろうとしているのにまだ100度に到達せず。朝の散歩が気持ちいい(≧∇≦)このままの気温、続きますように(人∀・)タノム

 

さて、木曜日にキャンピングカー(ウィネベーゴ トラバト 59GL)の納車を控え準備に追われています。

まず、保険。

アメリカではキャンピングカー(RV)の保険はほとんどの企業であるみたい。NationwideやGEICOやProgressiveなどなど。

現在、夫が保険屋さんにおすすめされているのはProgressive。カバレージはこんな感じ。

車ごと盗まれたら、年数が経っていても、車ごと保証してくれるそうな。

今の所、レジャーに使う用途で金額は月々100ドルくらいの見積もりが出ています。

キャンピングカーに住む人はもう少し高くなるのかも?

他には、納車の時にキャンピングカーのディーラーさんが保険を紹介してくれるとのことなので、保証内容と金額を比較してどちらにするか決める予定です。

 

次に、キャンピングカーを使っていないときの駐車場で、RV Storageと言われるものです。

ウィネベーゴのトラバトは、アメリカのキャンピングカーの中ではかなり小さめ。

  • 幅6’9″(205cm)
  • 長さ21’(640cm)
  • 高さ9’4″(284cm)

なので自宅の駐車場に置ける方も多いと思うのですが、うちのガレージは長さが19’しかないし、高さもRAV4がギリギリなので絶対に無理。ガレージの外はサイズ的には入るんですが、その前の道が細いため入れるのが大変な上に、屋根がないとヒョウが降るとソーラーパネルが割れてしまうので危険。

そんなわけで、屋根付きの駐車場を探してます。現時点で月149ドルのところが空いていて、自宅から10分ちょっとの距離なので、そこにしようと思ってます。

 

まだまだありますよー(^^)

キャンピングカーにアラームをつけようと思っているんですが、アラームの他に、車ごと盗まれたときにGPSで追いかけてくれるものがありました。

お値段は299ドルで、おそらく別途インストール代が必要になると思います。GPSは初年度は料金に含まれていて、2年目からは99.99ドル/年、払うことになるようです。

ただ、このシステムはエンジンの起動や停止のシステムに直結させるもので、使えるのはエンジンがついているモーターホームのみだと思います。

 

他には、

  • 車の定期点検
  • 車両税

が必要になると思われます。

月々の出費、結構あるものです(^_^;)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。