大失敗!印つけに使う道具、安物はダメなのかも

昨日のブログの最後に少しだけ書きましたが、印つけでトラブル勃発!

洋裁の印つけには色々な方法があるようです。

代表的なところで、

  1. ノッチを入れる
  2. チャコペーパーとルレットで描く
  3. チャコまたはチャコペンで描く
  4. ヘラでつける
  5. 縫いじつけ
  6. 切りじつけ

のような感じ。

今回のサイドリボンのブラウスは、2の「チャコペーパーとルレットで描く」で印つけをしました。

私が使っているのは、10年くらい前に買ったクロバーの5色入ったチャコペーパー。

水で落ちるタイプではありません。

なので、洗濯しても落ちにくいことは知っていました。

でも、何度か洗濯すると最終的には綺麗になることも知っていたのです。

つまり、今回の問題はクロバーのチャコペーパーではありません。

問題は、水で消えるタイプのペンです。

クロバーではなく、まったく知らないブランドのもの。

今回はそのペンを使って前身頃や後ろ身頃、袖の前後などがわかるように、布に直接文字を書きました。

そのペンで書いた文字が、落ちないのです(T_T)

少しわかりにくいですが、こんな感じ。

真ん中に「まえ」と書いてあります。

ペンの色は青でした。

それが、洗っても洗っても落ちない。

1回目は、酸素系漂白剤を使って洗濯しました。

2回目は、セスキを使って洗濯しました。

3回目は、塩素系漂白剤を使って洗濯しました。

まえの文字、まだ残ってますよね。

最悪なことに、3回目のとき、塩素系漂白剤につけても落ちなかったので、布をこすってしまったのです。

その結果、文字の上に穴まで空いてしまった!

生地の色が白なので、染めればいいかなと思っていたのに、それもできなくなってしまった_| ̄|○

ちなみに、クロバーのチャコペーパーで描いた線は、綺麗さっぱり消えています。

自分でも馬鹿だったなぁと思うのは、布の真ん中に文字を書いてしまったんですね~。

縫い代とかに書けばよかったのに。

水で消えるという触れ込みをそのまんま信じたのがいけなかった。

値段が高くても、クロバーのものを買えばよかった。

後悔しまくり。

しょんぼりです。

でも、サイドリボンのブラウスはとても気に入ったので、今シーズンどうしても着たい!

というわけで、もう1枚作るために、布、注文しました! ←立ち直りが早い(^_^;)

次こそ失敗なくできるよう頑張りまーす!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク