キャンピングカーに乗れる人数、寝れる人数

こんにちは!

2019年も後半戦に入りましたねー。って、もう今日は独立記念日ですが(笑)わが家は夫が金曜日に有給休暇を取り4連休。でも、なんの予定もありません(^_^;)夫婦2人&犬2匹でダラダラしまーす。

 

さて、年内にモーターホーム(キャンピングカー)を買おうと色々と調べております(≧∇≦)/ 今回は、モーターホームに乗車可能な人数を考えたいと思います。

 

モーターホームは場所があるからといって、人が何人乗ってもよいというわけではありません。詳細仕様を見ると、必ず、

  • Seating capacity
  • Sleeping capacity

の2つの項目があります。

Seating capacityは車が移動している時に乗車可能な人数。これはシートベルトの個数と同じです。

Sleeping capacityはベッドに寝ることができる人数。ベッドのサイズ、大人が乗るのか子供が乗るのか、などによって変わってきます。

 

過去、何度も登場しているCaradoのBanffは、

  • Seating capacity Two
  • Sleeping capacity Two

のようになってます。

シートベルトは運転席とその横の助手席の2つのみ。

ベッドは、

  • 27″ x 76″が2台

または、シングルサイズのベッドの間を埋めて、

  • 74″ x 76″

のようにダブルベッドにすることもできます。

 

今、私の中で第一候補になっているWinnebagoのTravato 59G(59GL)は、

  • Seating Capacity 4

です。運転席とその横の助手席にシートベルトがあり、さらに運転席の後方にある2人がけのシートにもシートベルトがついています。

でも、Sleeping Capacityが書かれてないんですねー。ベッドは、

  • 46″ x 77″(折りたたみ式)
  • 42″ x 72″(組み立て式)

のようになっていて2台あります。でも、ギューギューで4人という感じ。

 

同じくWinnebagoで異なるレイアウトのTravato 59K(59KL)というモデルがありますが、

  • Seating Capacity 4

で、ベッドは、

  • 30″ x 74″
  • 30″ x 80″

の2台。4人乗せて移動はできるけど、寝れるのは2人。

 

ちなみにわが家の場合はーといいますと、最大で大人が2人乗るだけです。夫婦して普通サイズの日本人ですから、特別大きなサイズのベッドが必要なわけではありません。ただ、犬を一緒に連れていくので、犬が寛げるスペースは確保してあげないとと思ってます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。