アメリカ南部で怖い昆虫に刺されたら

今日は、サンクスギビングデーあとの土曜日です。

夫はまだ惰眠を貪ってます。

その間に、お掃除ロボットを動かして、私はコーヒー&パソコンタイム。

今年のサンクスギビングデーは例年と同じで、特別なことはなーんにもしませんでした。

ゆいいつやったことは、犬の散歩という感じです。

でも、その散歩の道中、さくらがファイアーアントの巣に足を入れてしまったのです。

一応、慌てて足を避けさせて見てみたら、そんなにたくさんファイヤーアントが出て来なかったので、つぶれかけの巣だったのかな、と思ってました。

その後、夫と食料の買い出しにでかけて戻ってきて、さくらの様子がなーんかおかしいことに気づいたのです。

そわそわが止まらない感じ?

そのうち、体中を掻きはじめて、夜になってマズルが1.5倍くらいの大きさになっていることに気づいたけれど、サンクスギビングデーの夜にやってる獣医さんに行くのも…。

結局さくらは、一晩中眠れなかったみたいで、翌朝一番で獣医さんへ行ってきました。

獣医さんは、「何かに刺されたわね~」と。

でも、すでに顔の腫れが引いているのだったら問題ないわ、と。

結局、蜂かなーということで落ち着きそうになって、昨日、散歩へ行ったあとにこんなんになったと私が話したら、先生が「ファイアーアントとか?」というので、散歩のときのことを思い出したのです。

ファイアーアントに刺されると、痒くなるということしか頭になくって、アレルギーとして反応するなんて考えたこともなかったので、気づいてよかったですー。

そして、先生は、すぐにファイヤーアント用の注射を打ってくれました。

あっという間にさくらの掻きむしりがなくなって、一安心。

ちなみに、食べ物のアレルギーでマズルが腫れることはほとんどなく、マズルが腫れるときは何かに刺されたときなのだとか。

暑い場所は、サソリやファイヤーアントなんかがいて、色々ありますねー(T_T)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク