最近のお気に入りのアメリカの毛糸

編み物

たまーに、とんでもない時間に目が覚めます。

今朝は4時半!

 

以前は変な時間に目が覚めたら、また寝ようと頑張ってました。

でも、寝ようと一生懸命になればなるほど、眠れない(^_^;)

なので、最近はそのまま起きちゃってます。

 

今朝もベッドからもそもそと出て、自分の部屋で静かに編み物してました。

 

そんなわけで、昨日書いたようにレギンスを編みはじめております!

掲載本は、

です。

 

今回使っている毛糸はCascade YarnsのCascade 220。

数年前、セールしていたときに買ったものです。

買ってすぐにセーターを編みました。

それ以来、気に入ってます。

 

というのも、一時期手染めの毛糸が流行りましたよね。

今も流行っているのかもしれませんが(^_^;)

その手染めの毛糸、確かに色がキレイ。

でも、色ムラがあったり、同じロットだと言われて買ったのに、編んでみるとカセごとに色が違ったり。

そのため、小物を編むにはいいのかもしれないけれど、セーターなどの大物を編むのは、かなり勇気が必要だったのです。

 

そんな時にCascade 220に出会って、やっぱりこれよねーと。

とにもかくにも、毛糸の太さが安定しているので編みやすい!

編みやすいから仕上がりもキレイ。

ソリッドカラーで色ムラなし。

靴下も編んだけれど、強度も申し分ないです。

ゆいいつ、手洗いしないといけないので、あまりそういうことに時間を取れない方には難しいかもしれませんが。

 

そんなわけで最近は、昔ながらの毛糸を使うようになりましたー。

コメント