掃除水

先週は少しバタバタしていましたー。

今週は先週より時間に余裕がありそう。

昨日は布の裁断をしたので、今週中にVネックプルオーバーを仕上げたいと思います!

さて、少し前、とある本でホコリ対策はマイクロファイバー素材が良いと読み、マイクロファイバーのモップを使う頻度をあげています。

これはWalmartで買ったもので、13ドルくらいでした。

モップの部分は取り外し可能で、片面がマイクロファイバー、もう片面は雑巾のような布でできています。

とても軽くて使いやすいです。

その代りといってはあれですが、ジョイントの部分があまり丈夫ではありません。

一応、クイックルワイパーのように柄と床に接地する部分のジョイントが自由自在に回るようになっているのですが、その部分が弱いようです。

思いっきり力を入れてゴシゴシすると外れて、何回も外れると、そのうちジョイントの部分が壊れます(^_^;)

そして、ジョイントの部分はプラスチックなので修理不可能。

それでも1代目は3年くらい使って、今使っているのは2代目です。

ジョイントが外れないように使うともっと長持ちするかもです。

このマイクロファイバーのモップと並行して使っているのがSwiffer

パッドはウェットタイプ(Wet Mopping Pad)を使っています。

昔は掃除機をかけてからSwifferのウェットで拭いていましたが、このタイプになってからは、一度で綺麗になるようになりましたね。

今はHeavy Dutyというタイプがあるので、そちらの方がもっと強力なのかもしれません。

ただ、Swifferのウェットタイプの問題は1枚で終わらないこと。

うちは大型犬が2匹いるのでかなり汚れるのですが、ウッドフロアとタイルフロアの両方を綺麗にするのに1度で5枚ほど使います(^_^;)

掃除機かける必要ないし、モップを洗う必要もないし、ファブリーズ入りなのでニオイ対策にもなるし、楽なんですけどねー。

でも、コストパフォーマンスが悪いー。

そこで最近は、マイクロファイバーのモップには、バケツに

  1. クエン酸+アロマオイル
  2. セスキ炭酸ソーダ+アロマオイル

を追加して使うようにしました。

(素材によっては傷んでしまう可能性もあるので、確認してから使ってくださいねー)

クエン酸は酸性なのでアルカリ性の汚れや臭いは落ちますが、酸性のものは落ちません。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性なので酸性の汚れや臭いは落ちますが、アルカリ性のものは落ちません。

つまり、どちらか一方だと落ちる汚れに偏りができるので、両方を交互に使えば、すべての汚れが落ちるんです。

これを知ってから、本当に掃除が楽になりましたー。

この掃除水、モップがけだけではなくて普段の拭き掃除にも使ってます。

キッチンまわりはセスキ炭酸ソーダ+アロマオイルを使う回数が多いです。

トイレやバスルームはクエン酸+アロマオイルを使う回数が多いです。

あと、アロマオイルは、お掃除用ということで格安品を使ってます。

ナチュラル洗剤は理解するまでは面倒だけど、一度理解できると、応用も効くし、便利ですね!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク