大判ショールの途中経過

ダラス地方は暑い期間が長いので、できるだけ薄手なものをと思って編み物をしていますが、

  • 薄手なもの=毛糸が細い=編むのに時間がかかる

という図式になります。

12月から編んでいる大判ショールですが、やっと一玉終わりました(^_^;)

あと4玉あるので、まだまだ先は長いです。

でも、ちょっとお高めの毛糸なので、肌触りがよいのですー。

頑張って編み続けたいと思います(*^^)v

スポンサーリンク
スポンサーリンク