英語で生地屋さんを探すときの検索ワード

ただいま「大人をきれいに見せる服」から11のサイドリボンのブラウスを制作中(*^^*)

本日の作業は、チャコペーパーで線をコピーして、シワがつかないように布団干しにかけました。

明日からチクチクしつけ縫いをして、ミシンをカタカタ動かしまーす。

さて今日も、ちょっとした発見のお話し。

英語で生地屋さんの探し方について。

現在住んでいる家の近くには、手芸大好きさんのためのお店、結構な数あります。

そのほとんどが、ユザワヤやオカダヤのような大型チェーン店。

だいたいのものはそれらのお店で揃います。

生地に関しては、キルトを作るときに使う100%コットンの生地がすごい数揃ってます。

それだけ、私が住んでいる地域では、キルトをする人の数が多いのだと思います。

あと、ホームデコ用の生地、例えば、カーテンや家具なども品揃え豊富です。

ところが、アパレル用の生地となると、ぐっと少なくなります。

いや、あることにはあるのです。

でも取り扱っているものが、結婚式やショーの時などに着るキラキラ系が多く、普通に着る洋服用となると、限られます。

過去、生地専門店を探してここはいいなと思ったのが、たったの1軒。

そのお店は結婚式のドレス用だと思うのですが、シルクの生地がずらり。

同時に、ドレスの装飾用のパーツもすごい数売られています。

また、アパレル用の生地も色別に質の良いものが揃ってます。

ただ、お値段が高めなので、ソーイングの腕がもう少しマシになってからと思ってしまって、なかなか足を踏み入れることができずにいます。

ところで、そのたった1軒のお店を見つけたのは、グーグルさんでした。

キーワードは

  • fabric store

で検索した結果です。

9割以上がキルト用の生地の専門店でした。

なので、ずっと、生地屋さん、少ないなーと思っていたのです。

ところが、

  • wholesale fabric store

で検索すると、まったく違う結果になることに気づきました。

トップに出てくるお店は、(今もあるかどうかはわかりませんが)東京の日暮里、大阪の船場商店街のような、生地が所狭しと置かれているお店です。

さらに、そのお店の近くには、同じような卸の生地屋さんらしきお店がわんさか。

たった一つの単語を追加するだけで、こんなに違った結果が得られるなんてー。

それでも、選択肢が増えると思うと、すごーく嬉しい!

たぶんホームデコ用の生地が多いとは思うけれど、車で40分ほどの距離なので、来週辺り、行ってこようと思います。

ソーイングがますます楽しくなりそうです\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク