洋裁初心者が作ったFLWからsのドルマンスリーブワンピース

洋裁をされている方のブログを拝見していると、既成品かと思うような仕上がりのものばかり。

私も早く、あんな風になりたい!

でも、まだまだ先になりそうです。

さて、先週完成したドルマンスリーブワンピース、一度洗濯して、アイロンもして、綺麗さっぱり。

洋裁初心者なので人様にお見せするほどのものではありませんが、このワンピースを作るにあたって気をつけたいことなどを書いておこうと思います。

スポンサーリンク

型紙

最初に、型紙は

から

  • s ドルマンスリーブワンピース

です。

型紙のパーツは

  1. 前身頃
  2. 後ろ身頃
  3. 袖口見返し

の3点。

パーツは3つですが、これ以外に、衿ぐりにバイアス布が必要になります。

付録の型紙を、ハトロン紙または不織布に写します。

生地

本ではリネンを使っていまして、私もリネンを使いましたが、コットンでもウールでも、何でも問題ないと思います。

必要な生地は

  • 148cm幅 SとMサイズで150cm LとLLサイズで170cm

とかかれていますが、これは間違いです。

(rのドルマンスリーブチュニックの裁合わせ図を参考に)

襟ぐり用のバイアス布が含まれていませんので、

  • 最低でもプラス30cm

は必要だと思うので、

  • 148cm幅 SとMサイズで180cm LとLLサイズで200cm

になります。

また、柄のある生地を使う場合は、柄を合わせるためにもっと必要になるかもしれません。

作り方はとても簡単

布を裁断すると、

  • 前身頃 1枚
  • 後ろ身頃 2枚
  • 袖ぐり見返し 2枚
  • 襟ぐり見返し 1枚

で、パーツは6つになります。

最初に後ろ身頃の後ろ中心を縫いあわせます。

縫い代は中に折り込むので、ジグザグミシンやロックミシンは必要ありません。

次に、肩を縫い合わせます。

ここでは、折り伏せ縫いをします。

ここでも、ジグザグミシンやロックミシンは必要ありません。

さらに、衿ぐりを縫います。

裁合わせずにはない、バイアス布を使います。

縫い方は、別なページに詳細な説明があるので、その説明の通り縫います。

接着芯は必要ありません。

次に、ドルマンスリーブなので、袖下から脇を一気に縫い合わせます。

ここは袋縫いです。

袋縫いの方法は、別なページにあるのでそちらを参考に。

袖ぐり見返しを使って、袖を作ります。

襟ぐりとほぼ同じ方法ですが、スリットが入っているので、その部分だけ作業が増えます。

そして最後に、裾を縫って完成です!

でも、向かって右側の裾が、なんか変ですよね?

裾が曲がってしまいました(T_T)

前身頃と後ろ身頃を合わせた時に、裾の線がずれていることはよくあるんですが、こんなにずれていたことははじめて_| ̄|○

この布よく伸びるからー・・・って、完全に布のせいにしてますが、着るとそんなに気にならないので使いますが、次回から気をつけないとです。

さいごに

ワンピースというと、結構な長さの布が必要なことが多い中、このワンピースは2メートルほどで作れます。

また、接着芯を使わないので洗濯に気を使うことがなく、洗濯後のアイロンも楽です。

そして、布端はジグザグミシンやロックミシンではなく、すべて織り込んで縫い合わせるので、処理が綺麗。

何かのタイミングで裏が見えても恥ずかしくありません。

ドルマンスリーブワンピースですが、エプロンドレスとして使え、必要なものは、

  • ミシン
  • 型紙を写すハトロン紙または不織布
  • 布切り鋏

だけなので、洋裁をはじめばかりの人に向いていると思います。

私は、エプロンドレスとしてもう1枚作りまーす♪

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



スポンサーリンク