定価がない怖さ

朝の散歩が気持ちいい季節になってきました!

でも、太陽がでるとまだちょっと暑い感じですけどね~。

さてさて、シャワーブースで使うソープディッシュを探していたら、あることを発見。

あることとは、値段の違い。

というのも、こちらが欲しくてどこが安いのか調べたのです。

すると、アマゾンさんでは12.99ドル。

OXOから直接買っても12.99ドル。

なのに、Bed Bath & Beyondを見ると、OXOから直接買うのより高い、まさかの14.99ドル!

Bed Bath & Beyondはいつも20%オフのクーポンを出しています。

その20%オフクーポンを使えば11.99ドルになるんです。

でも、まさかメーカーより高い値段を設定しているなんて思わないですよね。

定価で買ってしまう人、いるでしょうね。

少し前に除湿機が壊れたので、新しいのを買いました。

こんなのです。

注文したのは9月23日。

値段は224.99ドルでした。

その後いったん在庫切れになり、在庫が入ってきたら値段は239.99ドルになってました。

台風が直撃して被害にあったお家は、除湿機必要だと思うのです。

足元を見ているような気がしてなりません。

急性アレルギー反応の応急措置のために使われるEpiPen。

マイランという会社は2007年に57ドルで売っていたものを、10年間で600ドルまで値上げ。

ジェネリックの許可が降りてEpiPenと同じ効果のあるものが売り出され、現在は350ドルほどまで下がったとか。

アメリカはほとんどのものに定価はないので、いくらに設定してもいいようです。

それに、ソープディッシュの2ドルとか、除湿機の15ドルとか、なくても死ぬわけではないし、嫌だったら買わなければいいのでどうってことありません。

でも、EpiPenのように命にかかわるものは、何らかの規制があってもいいじゃないかなーと思う今日このごろです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク