フードディスポーザーを交換しました

昨晩、10時半ごろ停電がありましたー。

れいによって1時間ほどでもとに戻ったようです。

でも、その1時間が暇で暇で、その間に寝てしまいましたとさ。

そして朝起きたら、いつもと同じ朝でした(笑)

さてさて、昨日はフードディスポーザーを交換してもらいました!

壊れたわけではないんですが、錆びているのが気になっていたのです~。

使っていたのは、InsSinkEratorというメーカーの製品。

型番は1-87Aです。

この後継機種ということで、買ったのはこちら。

まったく同じ形をしています。

交換することが前提になっているようで、付属品は黒いパイプのみ。

電源ケーブルは古いものから取り外して使います。

なので、電源ケーブルが壊れている場合と、違う製品から付け替えるときは電源ケーブルは追加で購入しないといけません。

わが家のシンク下ですが、かなりゴチャゴチャしてます(^_^;)

写真はすでに解体をはじめているところです。

フードディスポーザーの後ろの白いタンクが浄水器。

そして、左側からディッシュウォッシャーのドレインホースがフードディスポーザーに直接入ってきています。

こんな仕組みになっているなんて、知らなんだー。

そのディッシュウォッシャーからのドレインホースですが、かなり汚れていまして(^_^;)

交換するためにディッシュウォッシャーを引きずり出したのがこちら。

大事になってますよー(笑)

このあと、フードディスポーザーを付け替え。

さらに、パイプ類をバケツでつけ置き洗している間に、ホーム・デポへ行って、ディッシュウォッシャーのドレインホースを買ってきて、ドレインホースも付け替え。

ディッシュウォッシャーをもとに戻し、水漏れなく動作することを確認。

そして、パイプ類も綺麗にしてから戻して、完了。

フードディスポーザーを交換する時間はそんなにかかりませんでした。

でも、それ以外の部分にすごい時間が取られ、結局1日仕事でした。

参考までに、フードディスポーザーの扱い方が悪いと、錆びるようです。

こちら

によると、お湯は使わない方が良いみたいです。

さらに、パイプクリーナーもダメみたい。

パイプクリーナーを使った後に錆びたので、もしやとは思っていたけれど、やはりそうだったか(^_^;)

そんなわけで、キッチンまわりが綺麗になって気分スッキリ!

最近、夫のDIYが板に付きつつあり、ありがたやー。

老後はハンディーマンになりそうな勢い?!

さいごに、錆びてしまったフードディスポーザーの画像はこちら。

美しい画像ではないので、怖いものが見たい方のみでお願いします。。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク