アメリカでLINEのアカウントが乗っ取られたら

毎朝6時過ぎに起きて、6時半には散歩に出ます。

すると、家を出るときは暗いけれど、しばらくすると朝焼けが。

それはそれは綺麗な眺め。

毎朝、癒やされてます~。

スポンサーリンク

LINEのアカウント乗っ取られたその後

さて、昨日はLINEのアカウント乗っ取り事件があり、バタバタしていました。

その様子は、

にも書きました。

その後、LINEの本部から連絡がありました。

LINEによると、「不正にアカウントが他者へ引き継がれたことがわかった」とのことで、私のLINEアカウントは無事削除されたようです。

LINE詐欺の手口

今回のLINE詐欺の手口は、

  • 近くのコンビニでwebmoneyカードを何枚か買ってきて欲しいんだけどいいかな?

というものです。

このwebmoneyというのは、ネットで使えるプリペイドカード。

日本ではよく使われているのかもしれないけれど、アメリカではほとんどの人がクレジットカードを持っているのであまり一般的ではないような。

webmoneyカードを買わせたら、あとは、その番号をLINEに入力させます。

そして、詐欺師はそのカードに入っている金額すべてをアクティベートして、終了。

アメリカでLINEのアカウントが乗っ取られたら

最初に、怪しいと思った友達からメールを受け取りました。

「今LINE使ってる?」と。

「使ってない」と答えると、「なんか変だと思った~!」と。

その後、なりすましの詐欺師とのやり取りを、画像にして送ってくれました。

詐欺だと思ったので、まず取った行動は、

  • LINEのコンタクトに登録されている友人に、LINE以外の連絡手段で連絡すること。

LINEのアカウントが乗っ取られらことを伝え、お金を払わないでー!と伝えました。

同時に、

  • LINEに連絡をとり、アカウントを止めてもらうこと。

日本とかアメリカとか関係なく、

からできます。

選択肢に、

  • 自分のアカウントが盗まれた

という項目があるので、これを選択します。

そうすると、国と電話番号を入力するボックスが出てくるので、必要な情報を入力して「送信」を押します。

念のため、日本語と英語の両方で送りました。

今回、返事が来たのは英語の方が早かったです。

でも、事件があったのがアメリカの朝早くだったので、英語の方が早かっただけかもしれませんので、両方送っておいた方が無難な気がします。

さらに、

  • LINEのパスワードを変更すること。

この時点で、スマフォもPCも、私はLINEへのログインができなくなっていました。

パスワード再発行依頼をしたら、中国語で返事がきたのでどうしようかと悩みましたが、URLを確認したら本物のLINEのものだったので、怖かったけど強行でパスワードの再設定を行いました。

LINEから連絡がきた

LINEに連絡をしたのが時間が起きた朝9時過ぎ。

それから12時間後に英語で連絡したから連絡がきました。

こちらはLINEからの返事の一部です。

After looking into the matter, we found that your LINE account was fraudulently transferred. Please rest assured that we immediately suspended the account, and it can no longer be used. The account will automatically be deleted after a certain amount of time has passed.

アカウントが不正に引き継ぎされていたことがわかったと書かれています。

このメールですが、非常に重要です。

実は、このメールを持って警察へ被害届を出しに行きました。

ところが、Identity Theftというものは、IDを盗まれたことで新しくクレジットカードが作成され、被害に合った場合なのだそう。

私のようにただアカウントを盗まれただけでは、被害届を出すことはできないのだとか。

でも、LINE側から「アカウントが不正に引き継がれていたことがわかった」と言ってくれることで、騙したのは、私ではなくなりすましなのだという証明になるのだそう。

友達のLINEアカウントが乗っ取られ、なりすましにより被害を受けたら

LINEのアカウントが盗まれた私は被害届を出す必要はありません。

でも、なりすましに言われた通り、Webmoneyカードを買ってお金を払ってしまった場合、警察への被害届けを出す必要があります。

住んでいる管轄(ほとんどは住んでいる市)の警察へ行き、被害届けを出しましょう。

LINEのアカウントが停止されたら

LINE側で私のアカウントが不正アクセスされたことが証明されたので、現在、私のLINEアカウントは完全に停止された状態です。

一定期間をすぎるとデータもなくなるようです。

また、トランスファーという方法があるようなのですが、それもできません。

つまり、LINEのコンタクトに登録されていた情報をはじめ、様々なデータはなくなるということのようです。

さいごに

日本ではかなり前からLINEの詐欺があったようで、ニュースにもなっていたとか(^_^;)

日本にいる兄に連絡をしたときは、メッセージの内容をみてすぐに乗っ取られたとわかったと言ってました。

ブログの書くことで、少しでも被害に合う人が減ることを願っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



スポンサーリンク